【ファーム】平沢大河のタイムリーで追いついた千葉ロッテがサヨナラ勝利

2020-06-12 15:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2軍練習試合】土壇場で追いつく!! マリーンズ・平沢 同点タイムリーヒット!! 2020/6/12 M-L(ファーム練習試合)

 6月12日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテ対埼玉西武のファーム練習試合は、埼玉西武の高木渉選手が攻守で活躍するも、最後は千葉ロッテが4対3でサヨナラ勝ちを飾った。

 千葉ロッテ先発・古谷拓郎投手は初回、先頭・岸潤一郎選手の二塁打、続く西川愛也選手の死球でいきなり無死1,2塁のピンチを招くと、3番・高木渉選手にライトオーバーの先制3ランを浴びてしまう。

 反撃したい千葉ロッテは2回裏、8番・松田進選手の安打などで2死1,2塁から、1番・藤原恭大選手のレフト線へ2点タイムリー二塁打で1点差。ところが3回から7回までは出塁すらならず。8回裏、途中出場の吉田裕太選手が二塁打を放つが、代打・香月一也選手の大きな飛球をレフト・高木渉選手に好捕され、ホームが遠いまま最終回へ。

 2対3で迎えた9回裏、制球に苦しむ埼玉西武・相内誠投手から連続四球で1死1,2塁のチャンスを得ると、ここで平沢大河選手がタイムリーを放ち、3対3の同点に。なおも、続く松田選手の打席で相内投手が暴投。この間に三塁走者が生還し、千葉ロッテのサヨナラ勝利となった。

 勝った千葉ロッテは前日、一軍練習試合で決勝打を放った平沢大河選手がこの日も勝負強さを発揮。また、田村龍弘選手は「9番・捕手」で実戦復帰し、2打席ノーヒットだった。敗れた埼玉西武は先発・内海哲也投手が5回2失点、粟津凱士投手が2回をパーフェクトピッチングだった。

  123456789 計
西 300000000 3
ロ 020000002 4

西 内海哲也-粟津凱士-國場翼-相内誠
ロ 古谷拓郎-大谷智久-永野将司-山本大貴-アコスタ

文・菊地綾子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク