【試合戦評】鷹が逆転勝利で先勝。ファイナルステージ進出に王手

2016-10-08 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

ヤフオクドームで行われる「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第1戦。福岡ソフトバンクの先発マウンドを任されたのは千賀投手。レギュラーシーズンの対千葉ロッテ戦では4勝無敗と抜群の相性を誇る。対する千葉ロッテの先発は涌井投手。完投能力の高い投手だが、チームの前半戦の好調を支えた自慢のリリーフ陣が次々に怪我から復帰している点も心強い。まずは北海道日本ハムとの挑戦権をかけ、両軍にとって重要な初戦を迎える。

千葉ロッテの鮮やかな先制劇だった。初回、1番・清田選手が千賀投手のスライダーをいきなり捉える。この一打が球団史上初となる、クライマックスシリーズでの先頭打者アーチ。1点を先制すると、さらに2死から4番・デスパイネ選手が、152キロの直球をライトスタンドまで運び、千葉ロッテが幸先良く2点を先取した。

しかし1回裏、1番・中村晃選手が安打で出塁し、2番・本多選手が犠打を成功させ、1死2塁とする。続く柳田選手は三振に倒れたが、この打席で涌井投手がボークをとられて2死3塁。この好機を逃さず、4番・内川選手がフェンス直撃の適時二塁打を放ち、すぐさま1点差とする。

2回は両者無得点に終わったが、3回裏に2死から先ほど適時打を放った4番・内川選手が、シュートを捉えて、同点ソロ。4番の活躍で福岡ソフトバンクが試合を振り出しに戻す。

中盤からは両投手が立ち直り、涌井投手はランナーを出しながらも要所を抑え、女房役の田村選手や鈴木選手の好守にも助けられる。千賀投手は150キロ前後の速球に鋭い変化球を織り交ぜ、5回から3イニングス連続の3者凡退。7回までに12三振を奪う素晴らしい投球を見せる。

再び試合が動いたのは8回裏。4番・内川選手が代わったばかりの内投手から安打を放つと、松田選手の四球などで1死満塁とする。この絶好機に、怪我から復帰したばかりの8番・今宮選手が外角のスライダーを捉える2点適時打。値千金の勝ち越し打を放ち、1塁ベースへ向かって走り出した今宮選手は右手を突き上げて喜びを表す。

9回表、4番・デスパイネ選手の今日2本目となるアーチで千葉ロッテが1点差に迫るも、最後は守護神・サファテ投手が締めて逃げ切り。福岡ソフトバンクがファーストステージの初戦を制し、ファイナルステージ進出へ向け一歩前進した。

過去、クライマックスシリーズ ファイナルステージに進出したパ・リーグのチームは、全てファーストステージの初戦を制している。このデータを千葉ロッテが覆すことができるか。それとも福岡ソフトバンクがこのまま突っ走るか。明日の試合も目が離せない。