若月健矢は「打率.250」、則本昂大は「15勝以上」を目標に!「パ・リーグ FANS MEETUP 2020」レポート②

2020-06-15 15:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ノーカット版】パ・リーグ FANS MEETUP 2020(C)パーソル パ・リーグTV

 リーグ公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」では、「野球のチカラ」を結束し少しでも日本社会に貢献すべく、「POWER OF BASEBALL」第2弾として、パ・リーグの各球団の代表選手によるオンライン座談会、「パ・リーグ FANS MEETUP 2020」を6月13日(土)に開催しました。

 各選手にはそれぞれの今季こだわりたい成績や、開幕への意気込みについて、「パ・リーグ公式 LINEアカウント」で視聴者に向けて行われたクイズや、応援投票結果も交えながら語っていただきました。「パ・リーグ インサイト」では、開幕戦の対戦カード別に放送を振り返ります。今回はオリックス・若月健矢選手、楽天イーグルス・則本昂大投手の模様をお届け!

 番組の前半では「パ・リーグ公式 LINEアカウント」で事前に行われたクイズ「2020シーズンで特に目標とする成績」に各選手が答える形で、それぞれの「今季こだわりたい成績」について語っていただきました。

【パ・リーグ FANS MEETUP 2020】イーグルス・則本が今季こだわりたい成績は?(C)パーソル パ・リーグTV

則本昂大は「15勝以上」を目標に

 昨季は右肘手術の影響もあり、自己最少の登板数・勝利数に終わった則本投手が目標に掲げたのは「勝利数」。事前予想クイズでも44%が「勝利数」に集まり、投票通りの結果となりました。則本投手は、先発投手として勝ち数を多く求めていることを挙げ、「15勝以上はしたい」とキャリアハイ更新に意欲。

 実は則本投手、同い年の北海道日本ハム・中島卓也選手に対戦打率.429(2018年)と打ち込まれており、「札幌ドームでよくやられた。スライダーを逆方向に打たれてるイメージがある」と苦手意識をあらわにしました。「カットがうまいので2ストライクまでに打たせたい」と攻略に意欲を示し、中島卓選手と対戦する際の初球に「真ん中にカット(ボール)を投げます!」と予告する場面も。

【パ・リーグ FANS MEETUP 2020】バファローズ・若月が今季こだわりたい成績は?(C)パーソル パ・リーグTV

若月健矢は「打率.250」で打てる捕手へ

 続いては若月選手。昨季は自己最多の135試合に出場、パ・リーグ1位の盗塁阻止率.378を記録するなど扇の要として存在感を発揮し、事前予想クイズでも「盗塁阻止率」に36%と多くの票が集まりました。しかし若月選手の答えは「打率」。ここで初めて、事前予想のクイズで最も高い項目と選手が選ぶ項目が異なる結果に。

 若月選手は昨季、「打席に入るのが嫌になった時期もあった」ことを明かし、打率.178に終わったことについて、「去年は悲惨な打率だったので、今年こそは」と打率.250を目標に掲げ、打撃面での活躍を誓いました。

【パ・リーグ FANS MEETUP 2020】バファローズ・若月×イーグルス・則本 開幕への意気込みは?(C)パーソル パ・リーグTV

 番組の後半からは、開幕カードを意識した企画へ。開幕カードの3組に分かれて「開幕戦のターニングポイントになりそうなのは?」について視聴者からの投票を募集。投票受付中は、それぞれの選手が現段階におけるチーム状態や開幕戦における意気込みについてコメントしました。

 若月選手はチームの仕上がりについて、投打ともに順調さを強調。打線では新加入のジョーンズ選手、ロドリゲス選手がポイントになると語りました。練習試合で当たっていないジョーンズ選手については、「打席でのオーラ」があると言及。ロドリゲス選手については、「来た球に積極的にスイングするタイプ。甘く来たらホームランになるのでは」と長打力を評価。

 投手陣では、練習試合で好投を見せるルーキー・村西良太投手の名前を挙げ、先発ローテーション入りに期待を寄せてました。自身についても「若い投手を引っ張っていけたら」と女房役として意欲を示しました。

 則本投手は、投手陣の状態の良さをアピール。さらに昨オフの補強で加入したロメロ選手を初めとする新戦力の加入や、昨季ルーキーだった選手が経験を積んだことにより、チーム力が向上していると語りました。

 投手陣では、昨季までは抑えとして活躍し、今季から先発に転向した松井裕樹投手がカギになると注目。自身との二枚看板として活躍することに期待を寄せていました。さらに、涌井秀章投手や牧田和久投手らベテラン勢の加入によって、投手層が厚くなったこともアピール。

【パ・リーグ FANS MEETUP 2020】バファローズ×イーグルス ファンが予想する開幕戦のポイントは?(C)パーソル パ・リーグTV

 投票の結果、両チームは項目別ではほぼ同じ数値。オリックスは「投手陣の力投」が58%と最も高く、6球団の中でも1番の数値に。楽天も「投手陣の力投」が最も高い項目となりました。この結果を受けた若月選手は「投手陣の力投」について、山岡泰輔投手が楽天戦に相性が良い(昨季は対戦成績6勝1敗)ことを挙げ、開幕投手として期待している様子。

 また、両選手はお互いのチームに対する印象について、「競ったゲームが多かった」とい意見が合致。昨季の対戦成績は12勝12敗と互角であり、若月選手は、「6回くらいまでに勝っていないと厳しいイメージ」があると、楽天投手陣攻略の難しさを語りました。

 則本投手は、「オリックスの投手が良く、あと1点がほしくても取れないまま接戦で競り負けている印象がある」とコメント。そして、「相手の開幕投手が山岡投手なので、ロースコアの展開になると思う。こちらも投手力で粘り勝てたら」とも述べ、開幕戦での投手戦を予感させる場面も。自身の開幕戦完封について問われると、「頑張ります」と苦笑い。

 放送の最後には、選手からファンのみなさまへメッセージが。則本投手は、「みなさんの前で試合ができない状況ですけど、画面越しからでもプロ野球選手のすごさを見せられるようにやっていきたいと思います!」と力強くコメント。若月選手は、「最初は無観客ということですけど、お客さんが来られる日までいい順位でいられるように頑張ります!」と意気込みました。

「パーソル パ・リーグTV」で6月19日(金)のプロ野球開幕戦を楽しもう!

 練習試合も佳境に突入するなかで行われた「パ・リーグ FANS MEETUP 2020」、みなさま楽しんでいただけたでしょうか? 2020年のチームのポイントや自身の意識する個人成績などについて、選手に詳しく語っていただき、いよいよ迎える開幕戦に向けて盛り上がりを見せていました。

 さて、「パーソル パ・リーグ TV」では、6月19日(金)から始まるパ・リーグ公式戦をライブ配信します! 2020年の開幕戦は「パーソル パ・リーグ TV」で画面越しに選手たちを応援しましょう!


文・和田信

関連リンク