オリックスに恩恵、ホークスは悩ましい? 増える外国人5枠をどう使う【パ編】

2020-06-18 11:32 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンクのムーア、オリックスのジョーンズ、楽天のシャギワ(左から)※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都、荒川祐史)

福岡ソフトバンクのムーア、オリックスのジョーンズ、楽天のシャギワ(左から)※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都、荒川祐史)

デスパイネ、グラシアルが再来日できていない福岡ソフトバンクだが、投手3枠しか使えない?

 6月19日の開幕に向けて、臨時実行員会を開いて今季の特例ルールを決めたNPB。その大きなポイントとなるのが出場選手登録を31人に、ベンチ入り人数を26人に拡大、そして外国人枠を4人から5人へと拡大するところになるだろう。

 外国人枠については出場選手登録は5人になるが、試合に出場できるベンチ入りは従来通り4人以内となる。ただ、登録を「野手4、投手1」「投手4、野手1」で登録した場合、その後の比率変更はできない。1人だったものを2人に増やす場合は従来の4人制にしなければならない、とされた。

 5人が登録できても、一度にベンチ入りできるのは4人となるこの新たな特例。一度に4人の野手を起用できるわけではなく、有効な策として考えられるのは、先発投手を1人ないし2人入れておくことか。その先発投手が投げるときに、別の外国人を休ませるだけで済み、投手起用に幅が生まれることになる。

 では、この特例で各球団にとって、どう影響が出るだろうか。12球団の外国人枠事情と、登録枠の活用方法を占ってみたい。今回はパ・リーグだ。◎は出場選手登録確実な選手。

【埼玉西武】(外国人5人)
投手:◎ギャレット、ノリン、◎ニール
野手:◎スパンジェンバーグ、メヒア

 外国人は投手3人、野手2人の埼玉西武。開幕投手のニール、中継ぎのギャレット、そして練習試合で打ちまくったスパンジェンバーグの3人が開幕1軍に入ることは決まっているものの、ノリン、メヒアは入らない見込み。全員が1軍にいるのであれば「投手3、野手2」になるが、現状ではこの5人枠への拡大による恩恵はなさそうだ。

【福岡ソフトバンク】(外国人7人)
投手:スチュワート、◎モイネロ、◎ムーア、◎バンデンハーク、サファテ
野手:グラシアル、デスパイネ(バレンティンは日本人扱い)

 外国人7人を抱える福岡ソフトバンクにとって悩ましい問題になりそうだ。投手5人、野手2人を抱えるが、渡航制限により、デスパイネ、グラシアルの2人はキューバから出国できず。再来日の見通しも経っていない。投手を厚めにしたいところだが、一度、4人の投手を登録してしまうと、2人が来日した際には、4人制にしないと登録できなくなる。それを考えると、投手3人の登録に止めておくことになるだろう。

千葉ロッテは外国人枠5枠を活用できるも、投手はリリーフ3人で運用難しい?

【楽天】(外国人6人)
投手:◎シャギワ、◎ブセニッツ、宋家豪
野手:◎ロメロ、ウィーラー、◎ブラッシュ

 6人が在籍する楽天は「投手2、野手3」か「野手2、投手3」の配分になるだろう。シャギワ、ブセニッツ、ロメロ、ブラッシュの4人は当確で、あと1枠が宋家豪かウィーラーか、というところ。ただ、楽天の助っ人投手には先発投手がいない。そのため、誰か1人をベンチから外すことを常に考えなければならず、運用は難しくなるかもしれない。

【千葉ロッテ】(外国人6人)
投手:◎ハーマン、◎チェン、◎ジャクソン、フローレス
野手:◎レアード、◎マーティン

 千葉ロッテは「投手3、野手2」が運用の基本プランとなるだろう。ただ、その投手3人はいずれもリリーフ投手。レアード、マーティンは打線に欠かせない存在であるため、毎試合、このリリーフの中から1人をベンチから外すことになる。疲労や状態に応じて入れ替えができる点はメリットだが、先発投手が枠に入る球団よりは利点は少ないか。

【北海道日本ハム】(外国人5人)
投手:◎マルティネス、◎バーヘイゲン、ロドリゲス
野手:◎王柏融、ビヤヌエバ

 外国人が5人の北海道日本ハムだが、ビヤヌエバが虫垂炎のため、開幕は絶望的。ロドリゲスも左膝の軟骨除去手術を受けて離脱している。現状では3人の外国人しかおらず、外国人枠拡大のメリットは得られない。5人が揃った際にはマルティネス、バーヘイゲンを先発で回し「投手3、野手2」での運用が可能になる。

【オリックス】外国人6人
投手:◎アルバース、◎ディクソン、◎ヒギンス
野手:モヤ、◎ジョーンズ、◎ロドリゲス

 オリックスにとってはこの枠の拡大は大きなメリットではないだろうか。まずジョーンズ、ロドリゲスは当確。4枠では投手3人を2枠でどう起用するか悩ましいところだったが、この投手3人を全員1軍に置いておける。アルバースが先発する日のみ、中継ぎのどちらかを休ませるようにすれば、効率的な運用ができるようになる。

(Full-Count編集部)