主将がチームをけん引し、福岡ソフトバンクがファイナルステージ進出に王手をかける

2016-10-08 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

独特の緊張感の中、主将が勝負強さを発揮した。福岡ソフトバンクが8日、千葉ロッテとの「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの初戦を制し、ファイナルステージ進出へ王手をかけた。4番の内川選手が3安打1本塁打2打点の大活躍。3年連続日本一という目標へ向けキャプテンがチームをけん引した。

出鼻をくじかれた福岡ソフトバンクだった。先発の千賀投手が千葉ロッテ打線に2本塁打を浴びて2失点。清田選手には先頭打者本塁打を食らい、内川選手もたまらずマウンドへ駆け寄る。「最初の本塁打のときに青ざめていた」と主将も振り返る通り、今季12勝を挙げている右腕でさえ、CSの雰囲気はいつもと違うものがあったようだ。

いきなりの2失点という嫌な空気を振り払ったのがその内川選手だった。直後の攻撃、2死3塁で涌井投手から右翼フェンス直撃の適時二塁打。「何とか早いうちに1点でも、と思った」。もう少しで本塁打という当たりで1点差とすると、3回裏2死、左翼へ今度こそのソロ本塁打。「短期決戦なので、いいも悪いもどっちも5割。思い切るしかないと思ってやっています」。序盤で試合を振り出しに戻すと、8回無死、2番手の内投手からセンターへの安打で猛打賞。この安打を皮切りに1死満塁とすると、今宮選手が左前に2点適時打を放って試合を決めた。

北海道日本ハムの劇的な優勝で終わった今季。3連覇が消え、失意の選手たちに工藤監督は「まだまだ日本一のチャンスはある」と鼓舞した。選手としても、今一度日本一へ一丸とならなくてはいけない。その思いをバットで体現させるかのように、キャプテンが結果で引っ張った形だ。

先発が試合を作り、デスパイネ選手は2本塁打。千葉ロッテ打線も、福岡ソフトバンクの守護神・サファテ投手を追い詰めるなど、最後まで諦めない姿勢で、ポストシーズンならではの白熱した試合が展開された。

2007年から始まったCS、初戦に勝利したパ・リーグのチームは100%の確率でファイナルステージに進出しているというデータがある。とはいえ相手は「下剋上のロッテ」。短期決戦の勝負強さはまだまだ福岡ソフトバンクにとって油断できないだろう。ヒーローインタビューでその結果を告げられた内川選手は「いいデータではありますけど、僕らにとっては過去のもの。明日勝てるように」と、慢心を封印した内川選手。悲劇を歓喜に変えるために、ホークスの逆襲が始まるか。