家にいながら球場気分で試合を観ませんか?「パーソル パ・リーグTV」で野球観戦!

2020-06-25 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

 いよいよプロ野球が開幕。しかし無観客試合で球場に足を運べない日が続きます。球場独特のあの雰囲気を少しでも味わいたい――そこで今日は、自宅で“球場”観戦をする方法をご提案します。

campaign

Step1. 「パーソル パ・リーグTV」で観る試合・動画を決める!

 まずは観戦する試合を決めましょう。「パーソル パ・リーグTV」では、、パ・リーグの主催試合の中継のほかに、2012年からの全試合をフルイニングで振り返ることができるイニングVODを配信しています。その他にも、試合の注目シーンを集めた動画や自分で好きなカメラアングルを選べるマルチアングルVODなどもあります。時間や好みに合わせて選びましょう。

 イニングVODページはスコアを非表示にすることが可能。日付だけで選べば、新鮮な気持ちで楽しめるかもしれません。さらに、実況・解説をOFFにすれば球場の音声をそのまま聞くことができます。「せっかくだからいい試合を観たい!」という方には2012年以降の名試合を集めた「パ・リーグ プレイバック」ページがおすすめです。

 ゆるく楽しみたい方には特集動画をおすすめします。選手に注目した「THE FEATURE PLAYER」や、ちょっと変わった視点から試合を観た「Best Scene Selection パ」をはじめ、珍プレー好プレー集、各球団の1年間を一気に振り返ることのできるシーズンプレイバックなど盛りだくさん。こちらは「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルでも配信しています。

campaign

Step2. 食べ物・飲み物を準備。家で球場グルメが楽しめるサービスも!

 球場観戦に欠かせないのはやはりスタジアムグルメ。お好きなメニューを用意しましょう。自分で再現メニューを作ってみるのも一手です。福岡ソフトバンクは「おうちでスタ飯」と題して福岡PayPayドーム限定の選手グルメメニューのレシピを公開しているので、挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

 球場に行かなくても球場グルメが食べられる、宅配サービスを提供している球団もあります。楽天は本拠地の仙台市を中心に、選手プロデュース弁当をお届けしています。また、福岡ソフトバンクもフードデリバリーサービス「Uber Eats」で福岡PayPayドームのグルメの宅配を開始。5月15日からは、球場グルメのテイクアウトサービスを始めています。ご自宅が近い方はこちらも利用してみてはいかがでしょうか。

 食べ物が決まったら、飲み物もしっかり用意しておきましょう。球場といえばビールですね。もちろん、ビール以外にも球場にはさまざまなドリンクメニューがありますので、その中でもお気に入りの飲み物を準備しましょう。未成年の方はもちろん、ソフトドリンクでお願いします!

Step3. ユニフォームなどグッズをそろえてプレイボール!

 最後に、ユニフォームやTシャツ、応援用のタオルやフラッグなど、自分が球場に行くときそのままのグッズを用意して、いよいよ準備完了。動画の再生ボタンを押せばプレイボールです!

 ご家族とはもちろんのこと、離れた観戦仲間と時間を合わせてオンライン通話をしながらの観戦もおすすめです。お気に入りの選手の動画を紹介しあって、選手の魅力について語り合うのもまた楽しいのではないでしょうか。

 7月から有観客試合に移行するという旨のNPBの発表がありましたが、まだまだSTAY HOMEで野球を楽しむ人が多いのではないでしょうか。今は球場に行けないかわりに、少しでもそれぞれのご自宅で球場気分を味わい、楽しんでいただけたらと思います。

文・丹羽海凪

関連記事