山川穂高の2試合連続本塁打で逆転。8得点を挙げた埼玉西武が鷹との乱打戦を制す

2020-06-27 17:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/27 ライオンズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月27日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第5回戦は、8対7で埼玉西武が勝利。序盤から5点を追う苦しい展開となったが、7回裏に山川穂高選手に2試合連続の4号3ランが生まれ、逆転勝利を収めた。

 埼玉西武・松本航投手、福岡ソフトバンク・和田毅投手の先発で始まった試合は初回から動いた。福岡ソフトバンクは初回、1番・栗原陵矢選手が四球で出塁すると、続く2番・柳田悠岐選手がバックスクリーンへ先制の2号2ラン。柳田選手は「少しだけ詰まりましたが、自分の良いスイングができました」とコメントした。

 さらに2回表、四球などで2死1塁とすると、栗原選手が「上手く反応して捉える事ができました」と語る1号2ランを放ち、リードを4点に広げる。

 2回裏に5番・中村剛也選手の1号2ランで2点を返されたが、直後の3回表、二塁打や四死球などで1死満塁とすると、7番・牧原大成選手の犠飛、続く8番・松田宣浩選手、9番・甲斐拓也選手の適時打で7対2と再びリードを広げた。

 序盤から5点を追う展開となった埼玉西武は3回裏、1死から1番・鈴木将平選手、2番・源田壮亮選手が連打で出塁すると、3番・外崎修汰選手の2点適時三塁打、中村選手の犠飛で3点を追加し、点差を再び2点とした。

 4回以降は両チームともに無得点だったが7回裏に埼玉西武が反撃。4番・山川穂高選手が福岡ソフトバンクの3番手・岩嵜翔投手から4号3ランを放ち、8対7と逆転。1点リード9回表は、増田達至投手がマウンドに上がり、走者を背負いながらも無失点に抑え、8対7で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発の松本航投手が3回7失点と振るわなかったが、リリーフ陣が粘りの投球で流れを作り、山川穂高選手の2試合連続弾で逆転に成功。敗れた福岡ソフトバンクは打線が7得点と奮起したものの、岩嵜投手が誤算だった。

  123456789 計
ソ 223000000 7
西 02300030X 8

ソ 和田毅-高橋礼-●岩嵜翔-モイネロ
西 松本航-宮川哲-平良海馬-○小川龍也-ギャレット-S増田達至

文・高橋優奈

関連リンク