【ファーム】大竹耕太郎が5回0封。打線爆発の鷹が13得点で虎に快勝

2020-06-28 22:26 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス・大竹が省エネピッチングで5回を無失点の快投!! 2020/6/28 H-T(C)パーソル パ・リーグTV

 6月28日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神のウエスタン・リーグ公式戦、第2回戦は、13対1で福岡ソフトバンクが勝利。打線が16安打13得点と爆発、投手陣も1失点リレーでつなぎ、快勝した。

 福岡ソフトバンクは1回裏、1番・真砂勇介選手の二塁打、2番・川瀬晃選手の右安打で2,3塁とすると、3番・中村晃選手の2点適時二塁打で先制。2回裏には古澤勝吾選手の適時打、川瀬選手の犠飛で2点、3回裏にも野村大樹選手の適時打で1点を追加。阪神先発の飯田優也投手から5点を先制した。

 5回裏には釜元豪選手、リチャード選手の2者連続本塁打で2点を追加すると、6回裏には大本将吾選手の2点適時二塁打、釜元選手の適時二塁打、野村選手の1号2ランで一挙5得点。7回裏には水谷瞬選手に1号ソロが生まれ、13得点を挙げた。

 一方の投手陣は、先発の大竹耕太郎投手が5回1安打4奪三振無失点の好投を披露。リリーフ陣は7回表に1点を返されたが、大差は変わらず13対1で試合終了。真砂選手が4安打、野村選手が本塁打含む3安打3打点と躍動。途中出場した釜元選手も2安打1本塁打2打点とアピールした。

  123456789 計
神 000000100 1
ソ 22102510X 13

神 ●飯田優也-高野圭佑-横山雄哉-浜地真澄
ソ ○大竹耕太郎-古谷優人-板東湧梧-奥村政稔-杉山一樹

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】ホークス・リチャードが2者連続となる豪快なソロホームランを放つ!! 2020/6/28 H-T(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク