「恋する所沢。」~メラドで春恋、ありよりのあり~

2018-04-27 19:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
写真【パ・リーグインサイト編集部】イラスト【出内テツオ】

写真【パ・リーグインサイト編集部】イラスト【出内テツオ】

 「パ・リーグ.com / パーソル パ・リーグTV」でインターンをしている大学生・Nくんは、熱心な埼玉西武ファン。そのくせ、8カ月も付き合っている彼女と球場に行ったことがない。

 それを聞いた「パ・リーグインサイト」編集部。「自分だけが楽しんでしまいそう…」とか言っているので、これは都合がいいとばかりに、埼玉西武ライオンズさまにご協力いただき、初・野球観戦デートロケを企画。「恋する所沢。~メラドで春恋、ありよりのあり~」と題し、密着取材させてもらうことにした。

第一関門:勇気を振り絞り、彼女を球場へ誘う

 勝負の時は、観戦予定のひと月ほど前。編集部に押し切られたNくんの提案に、彼女のMちゃんは二つ返事でオッケーをくれたらしい。(Nくんはライオンズブルーの血が流れていることを隠していないから、たぶんMちゃんが気を遣ってくれたのだと思う)

 ちなみに編集部は、18歳のときからインターンをやってくれているNくんの彼女の本当の名前を、このあたりで初めて知った。Mちゃん自身は野球への関心も知識もゼロらしい。

 顔を知っている野球選手はイチロー選手くらいだし、攻守交替のタイミングも分からないと言う。なんてかわいい女子大生なのだろう。編集部には、千葉ロッテの加藤選手の涙袋に執着していたり、ベースコーチが走者の身体に触れる反則行為「肉体的援助」の語感に爆笑していたりするような女性しかいない。

 とりあえず編集部は、NくんにMちゃんのことを聞きながら「恋する所沢。~メラドで春恋、ありよりのあり~」に向けたデートプランを練った。コンセプトは「野球を知らなくても球場デートは楽しめる」、「球場はインスタ映えする」だ。

予習は完璧。待ち合わせ、そして球場へ

 当日。NくんとMちゃんは午前10時ごろに池袋駅で集合し、いざ埼玉県所沢市上山口。その日の対戦相手はたまたま福岡ソフトバンクだったのだが、それが判明したときの編集部とNくんはちょっとだけ頭を抱えた。鷹が獅子につけた心の傷は深いのだ。

 40分ほどの道中では、Mちゃんの希望を聞いて前もって購入しておいた選手名鑑をめくりながら、これから観戦する試合の予習をしたようだ。前日まではMちゃんが「この本読むと眠くなる」なんて言っていたことを、Nくんから聞いていた編集部。一安心。

 なおMちゃんが唯一カッコイイと言ったのは福岡ソフトバンクの松田宣浩選手だった。彼はとてもいい匂いがします。11時前、メットライフドーム最寄り、西武球場前駅に到着。

 まずNくんとMちゃんは球団のご厚意で、ホーム練習見学会に参加。

 三塁側フィールドビューシート最前列に座り、目の前で練習している選手1人1人を指さしながら紹介するNくんと、うんうんと聞いているMちゃん。編集部は内心興奮しているだろうNくんを、至近距離でウロウロしながら見守る。

 練習見学の後は一旦球場を出て、駅前に並ぶグルメワゴンで昼食。2人は「竜鳳」の焼き鳥と、「chocomon」の「光成のWチョコバナナ」クレープに舌鼓を打つ。写真は自撮りだ。青空とメットライフドーム外観も入っている。インスタ映え。