北海道日本ハム・杉浦稔大が6回2失点で今季初白星! 中田翔&西川遥輝がアベック弾

2020-06-28 16:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/28 イーグルス対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月28日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と北海道日本ハムの第6回戦は、投打がかみ合った北海道日本ハムが6対2で勝利を収め、連敗を「2」でストップした。

 北海道日本ハムは初回、四球などで2死1塁とすると、4番・中田翔選手が楽天の先発・石橋良太投手から先制弾を放つ。さらに3回表、1番・西川遥輝選手と4番中田選手の安打などで1死満塁とすると押し出しで1点を追加。その後ゴロの間にも1点を追加し、スコアを4対0とする。

 さらに4回表は、1番・西川選手が右翼席中段に飛び込む本塁打を放ち、続く5回表には敵失間に1点を奪取するなど、一気にリードを広げる。

 援護を受けた北海道日本ハムの先発・杉浦稔大投手は緩急をつけた投球で3回までパーフェクトピッチングを披露。4回裏に、1番・茂木栄五郎選手、2番・鈴木大地選手の連打などで1死満塁とすると、5番・島内宏明選手の適時打で1点を献上。さらに6回裏に犠飛で1点を失うも、大きく崩れることなく6回5安打2失点で降板。

 7回から継投に入った北海道日本ハムだが、8回裏に宮西尚生投手が楽天打線につかまる。先頭の茂木選手に対して死球で出塁を許すと、2番・鈴木大地選手の安打で無死1、3塁の危機を招く。素早いけん制球で1塁走者をアウトにするも、直後に3番・ブラッシュ選手の本塁打を浴び、2点を献上。しかしリードは守り切り試合は最終回へ。

 北海道日本ハムが2点リードする展開で迎えた最終9回裏は、守護神・秋吉亮投手が危なげない投球で抑えて試合終了。北海道日本ハムが6対4で勝利を収めた。

 勝利した北海道日本ハムは先発・杉浦稔大投手が6回5安打7奪三振2失点の快投で勝利を引き寄せ、後を受けた中継ぎ陣も粘りの投球でリードを守った。打線は中田翔選手、西川遥輝選手が本塁打を含むマルチ安打を記録するなど、打線をけん引した。

 一方の敗れた楽天は先発・石橋良太投手が4回5安打3四球5失点の乱調。降板後は「調子自体は良かったです。2アウトを取ってからカウントを悪くしてしまったり、ランナーを出してしまったりとリズムが悪くなってしまいました。次回に向けてしっかり修正したいと思います」と悔しそうに自らの投球を振り返った。打線も満塁の好機であと一本が出ないなど、もったいない場面が目立った。

  123456789 計
日 202110000 6
楽 000101020 4

日 ○杉浦稔大-公文克彦-宮西尚生-S秋吉亮
楽 ●石橋良太-辛島航-酒居知史-津留埼大成-J.T.シャギワ

文・後藤万結子

関連リンク