レアードの決勝弾で千葉ロッテが7年ぶりの8連勝! 先発・美馬学は7回3失点

2020-06-28 17:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/28 マリーンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月28日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第6回戦は、千葉ロッテが6対5で勝利。主砲・レアード選手が決勝本塁打を放ち、連勝を「8」に伸ばした。

 連敗を「5」で止めたいオリックスは、初回から千葉ロッテ先発・美馬学投手を攻め立てる。先頭の中川圭太選手が二塁打で出塁すると、内野ゴロの間に1点を先制。さらに5番・T-岡田選手に2号2ランアーチが飛び出し、幸先よく3点を先行する。

 それでも、7連勝中の千葉ロッテ打線がすぐさま反撃。オリックスの先発・山本由伸投手から、2回裏には8番・田村龍弘選手の2点適時打、3回裏には、荻野貴司選手の二塁打を皮切りに内野ゴロの間に得点を挙げ、3対3と同点に追いつく。

 さらに4回裏、千葉ロッテは2死から四球でランナーを貯めると、9番・藤岡裕大選手がライトへタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。6回裏には、田村選手の今日3打点目となるタイムリーが飛び出し5対3とリードを奪う。美馬投手は、ランナーは出すものの要所を締め、7回3失点と先発の役割を果たした。

 このままでは終われないオリックスは、8回表に意地を見せる。この回からマウンドに上がった小野郁投手に対してT-岡田選手の適時打で1点差とすると、千葉ロッテは東條大樹投手を投入。ここで6番・ロドリゲス選手がレフトへ同点となる適時打を放ち、試合は振り出しに戻る。

 土壇場で追いついたオリックスは8回裏、増井浩俊投手を起用するが、先頭の4番・レアード選手の5号ソロを浴び、再び勝ち越しを許す。再度リードを奪った千葉ロッテは、9回表にジャクソン投手が3者凡退に抑えて試合終了。千葉ロッテが6対5で勝利した。

 勝利した千葉ロッテは、先発の美馬投手が初回にオリックス打線につかまるも、尻上がりに調子を上げて7回7安打1四球3失点。8回表に追いつかれるも、直後にレアード選手の一発で勝ち越した。一方の敗れたオリックスは、先発の山本投手が6回途中6安打5失点(自責4)の内容。打線は終盤に粘りを見せるも、4番手・増井投手の痛恨の被弾で6連敗を喫した。

  123456789 計
オ 300000020 5
ロ 02110101X 6

オ 山本由伸-澤田圭佑-海田智行-●増井浩俊-比嘉幹貴-山田修義
ロ 美馬学-小野郁-○東條大樹-Sジャクソン

文・岩井惇

関連リンク