鷹・柳田が抱く先輩・松田宣の凄み「怪我しないタフさ、野球に向き合う姿勢」

2020-06-29 19:16 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・柳田悠岐(左)と松田宣浩※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

福岡ソフトバンク・柳田悠岐(左)と松田宣浩※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

ゲーム内で熱男パフォーマンスが再現されている松田宣「これを消したくない」

 現役選手にも人気を誇るコナミデジタルエンタテインメント(以下KONAMI)のモバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」で、福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手と柳田悠岐外野手の対戦が実現した。対戦後にはインタビューに応じ、互いの凄さなどについて語った。

 松田宣は代名詞でもあるホームラン後の「熱男」パフォーマンスもゲーム内で再現されており「誰もがやっていただけるものじゃないので、1年1年やってきた成果。これを消したくはないので、打てばたくさん知ってもらえると思うので、自分自身が打って、ゲームでもたくさん使ってもらいたいなと思います」と更なる活躍を宣言していた。

 シーズン中には互いの本塁打数を競い合うなど、先輩後輩でありながら、意識し合う間柄の松田宣と柳田。松田宣が柳田を「何年も一緒にプレーしてますけど、ここまで日本ナンバーワンの打者になると思いませんでしたし、でも、凄いんで、今年凄い成績を残すと思います」と絶賛すると、柳田は「怪我しないタフさ、野球に向き合う姿勢、そこが1番尊敬します。その中で結果を残し続けてますし、尊敬する先輩です」と評した。

 昨季はシーズン序盤の怪我でシーズンのほとんどを棒に振ることになった柳田は今季に向けて「不甲斐ないというか、情けないシーズンを過ごしたので、同じ過ちを繰り返さないようにやっていかないといけないなと思います」と語っている。松田宣と柳田。3年ぶりのリーグ優勝、そして4年連続の日本一を目指す福岡ソフトバンクにとって欠かせない存在だ。

(Full-Count編集部)