鈴木大地の移籍後初本塁打などで15得点の楽天が快勝! 先発の弓削隼人は2勝目をマーク

2020-06-30 21:26 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/30 イーグルス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月30日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと千葉ロッテの第1回戦は、15対4で楽天イーグルスが快勝。首位・千葉ロッテとの6連戦初戦を取り、2戦目以降の単独首位浮上へと良い流れを作った。

 千葉ロッテは初回、先頭の荻野貴司選手が二塁打で出塁すると、3番・清田育宏選手がインコースの球を力強くたたき込み、これがレフトスタンドへ。清田選手の2号2ランで、楽天の先発・弓削隼人投手投手から幸先よく2点を先制する。

 それでも2回裏、楽天打線が猛攻を見せる。先頭の4番・浅村栄斗選手が二塁打を放つと、続く島内宏明選手の適時打でまずは1点。さらにロメロ選手が二塁打で続くと、7番・銀次選手がセンター前へポトリと落ちる適時打を放ち、2対2の同点に。続く8番・太田光選手の内野ゴロの間に1点を勝ち越すと、9番・辰己涼介選手にも適時打が生まれ、これで4対2。千葉ロッテ先発・二木康太投手を引きずり下ろすと、なおも1死1,2塁から2番・鈴木大地選手が移籍後第1号となる3ランを右中間にたたき込み、7対2とダメ押し。この回7得点の攻撃で、一気に試合の主導権を握った。

 4回裏には、浅村選手の第4号2ランなどでさらに3点の援護を受けた弓削投手は、6回3失点と先発の役割を果たして降板。楽天は6回裏に、ロメロ選手の3号3ランなどでさらに5点を追加し、勝負を決定づけた。その後は、酒居知史投手、安樂智大投手のリレーでリードを守り切って試合終了。楽天が15対4で大勝した。

 勝利した楽天は、打線が15安打15得点と爆発。鈴木大選手、浅村選手、ロメロ選手に本塁打が生まれるだけでなく、辰己選手が2盗塁を記録するなど、幅広い攻撃で千葉ロッテを圧倒した。一方敗れた千葉ロッテは、先発の二木投手が2回途中6失点と悔しい投球に。後を受けた救援陣も失点が目立ち、連勝は「8」でストップした。

  123456789 計
ロ 200100010 4
楽 07030500X 15

ロ ●二木康太-中村稔弥-石崎剛-東條大樹-田中靖洋
楽 ○弓削隼人-酒居知史-安樂智大

文・岩井惇

関連リンク