ベテラン・栗山巧の一打で埼玉西武が4連勝! オリックスは泥沼の7連敗

2020-06-30 21:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/30 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月30日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第1回戦は、3対2で埼玉西武が勝利。少ない好機をものにした埼玉西武は4連勝となった。対するオリックスは勝負所でのミスと「あと一本」に泣き、泥沼の7連敗を喫した。

 試合の序盤は投手戦の様相を呈する。埼玉西武の先発・高橋光成投手は150km/h前後の速球で押し、3回まで1安打無失点の好投を演じる。対するオリックス先発のアルバース投手も、巧みな投球術で埼玉西武打線を翻弄。3回を終えて無安打4奪三振と上々の立ち上がりを見せた。

 試合が動いたのは4回裏だった。2死から山川穂高選手が四球で出塁すると、安打と失策で満塁となって打席には栗山巧選手が入る。その初球を強振すると、打球は中前にポトリと落ちる2点適時打に。好投のアルバース投手を相手に、埼玉西武が先制に成功。援護を得た高橋光投手は波に乗り、5回、6回と無失点投球を継続。すると打線も6回裏に相手のエラーに乗じて1点を追加し、3対0とリードを広げた。

 好投を続けていた高橋光成投手だったが7回表、ロドリゲス選手に来日初本塁打となる1号2ラン、続く若月健矢選手にも安打を許したところで降板。無死1塁の場面で登板した2番手・平井克典投手が踏ん張りこの回を無失点で凌ぐと、8回表をギャレット投手、9回表を増田達至投手とつなぐ勝利の方程式を完成させ、3対2で試合終了。1点差の接戦を勝ち切った。

 勝利した埼玉西武は、先発の高橋光成投手が6.0回6安打4奪三振3四球2失点の好投で2勝目をマークした。一方敗れたオリックスは、先発したアルバース投手が4.0回3安打5奪三振2四球2失点(自責点0)の内容で降板。打線は埼玉西武を上回る6安打を放ったが、あと一本が出なかった。

  123456789 計
オ 000000200 2
西 00020100X 3

オ ●アルバース-神戸文也-荒西祐大-吉田一将
西 ○高橋光成-平井克典-ギャレット-S増田達至

文・望月優樹

関連リンク