浅村栄斗&茂木栄五郎の本塁打で楽天が首位タイに浮上! 涌井秀章は開幕2連勝

2020-07-01 22:21 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/1 イーグルス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月1日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと千葉ロッテの第2回戦は、楽天が5対3で勝利。首位の千葉ロッテに連勝を飾り、首位タイに浮上した。

 楽天は初回、2番・鈴木大地選手が安打を放つと3番・ブラッシュ選手は四球でこれに続き1死1、2塁とする。一打先制の場面で好調の浅村栄斗選手が千葉ロッテの先発・小島和哉投手の直球を左翼席に運び、幸先よく3点を先制。なおも好機で7番・銀次選手に適時打が生まれ、スコアを4対0とする。

 5回裏には先頭の茂木栄五郎選手が1号ソロを右翼席にたたき込み1点を追加する。打った茂木選手は「高めのストレートをタイミングよくスイングできました」と淡々と振り返った。序盤から援護を受けた先発の涌井秀章投手は4回表、マーティン選手に2試合連続の一発を許すも、大きく崩れることなく5回5安打2失点でマウンドを降りる。

 リードする楽天は、8回表にブセニッツ投手が6番・中村奨吾選手の適時打で1点を献上するも、2点のリードを守って最終9回へ。最後は守護神・森原康平投手が無失点に抑えて試合終了。楽天が5対3で勝利した。

 勝利した楽天は涌井投手が古巣相手に5回5安打7奪三振1四球2失点と粘りの投球を披露し2勝目を手に入れた。打線は浅村選手、茂木選手の本塁打で効率よく得点を重ね5得点、鈴木大地選手は猛打賞の活躍で5試合連続のマルチ安打をマークした。一方の敗れた千葉ロッテは先発・小島投手4回7安打5失点と試合を作ることができず、打線は得点圏に走者を置く場面もあったがあと1本がでなかった。

  123456789 計
ロ 000200010 3
楽 40001000 X 5

ロ ●小島和哉-東條大樹-有吉優樹-小野郁
楽 ○涌井秀章-牧田和久-J.T.シャギワ-ブセニッツ-S森原康平

文・後藤万結子

関連リンク