マーティンが3試合連続本塁打を含む3打点の活躍!千葉ロッテが単独首位返り咲き

2020-07-02 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/2 イーグルス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月2日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと千葉ロッテの第3回戦は、千葉ロッテが8対5で勝利。10安打8得点と打線がつながりを見せ、連敗を「2」で止めた。

 千葉ロッテは、楽天先発・塩見貴洋投手を序盤から攻め立てる。2回表2死1塁の場面、現在パ・リーグ打率トップの井上晴哉選手からレフトスタンドへの先制アーチが飛び出し、2点の先制点を奪取。しかし直後の2回裏、ロメロ選手の2ランホームランですぐさま同点に追いつかれ、試合はあっさりと振り出しに。
 
 3回表、千葉ロッテは清田育宏選手の適時打で1点追加し勝ち越しに成功すると、5回表、2死満塁の好機にマーティン選手の適時打で2点を追加。なおも好機で、井上選手が押し出し四球を選び、1点を加える。さらに6回表、角中勝也選手の犠飛でランナーが生還。打線は止まることを知らず、7回表にはマーティン選手の3号ソロホームランでスコアを8対3とし、単独首位を狙う楽天を大きく突き放した。 

 このままでは終われない楽天は、5回裏・鈴木大地選手の適時打で1点、9回裏・辰己涼介選手、 茂木栄五郎選手の連続適時打で2点返すも、反撃はここまで。最後は鈴木選手をセカンドゴロに打ち取り試合終了。千葉ロッテが8対5で勝利した。

 勝利した千葉ロッテは先発・岩下大輝投手が5回6安打3奪三振3失点と、失点はしたものの四球「0」でマウンドを降り、今季2勝目。打線は、マーティン選手が3試合連続ホームランを含む3打点の活躍などで序盤から得点を重ね、再び単独首位に返り咲いた。敗れた楽天は、先発・塩見投手が4.2回6安打2奪三振6与四球6失点と試合を作れず。序盤の失点が大きく響き、敗戦を喫した。

  123456789 計
ロ 021031100 8
楽 020010002 5

ロ ○岩下大輝-田中靖洋-ハーマン-ジャクソン-益田直也
楽 ●塩見貴洋-宋家豪-辛島航-津留崎大成

文・池田紗里

関連リンク