未知の事象「同一カード6連戦」。選手と対戦球団の相性は、シーズンをどう変えるか

2020-07-02 19:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

シーズン最初の6連戦で活躍を見せた選手は、各球団ごとに多く存在

 2020年のパ・リーグ公式戦では、新型コロナウイルスの感染予防の観点から、過去のシーズンにおいては極めて稀だった、「同一カード6連戦」が日程に組み込まれることが多くなっている。

 開幕2カード目となった6月23日からの6連戦は、今季初となる同一カード6連戦という点でも、これまでとは異なる経験を、各球団、各選手にもたらしたことだろう。このカードで好成績を収めた選手たちにとっては、後に同じチームと対戦した際に、良い印象を持ったまま試合に臨める可能性はあるだろう。

 今回は、その6月23日からの6連戦で特筆すべき活躍を見せた選手たちの活躍ぶりに加えて、特筆すべき事項があった選手に関しては、過去数年における該当チームとの対戦成績も紹介。過去の該当球団との相性を確認するとともに、今後の対戦についての展望も語っていきたい。

北海道日本ハム

 投手陣では、今季は開幕からリリーフに回っている村田透投手が、楽天相手に2試合、合計3イニングを投げて無失点と好投を見せた。村田投手は昨季までも楽天を得意としており、日本球界復帰後の各年の対戦成績は以下の通りとなっている。

村田透

村田透

 2018年は4試合の登板で3勝をマークし、昨季は6イニングを投げて自責点を1つも記録せず。かなりの相性の良さを感じさせるだけに、今季も同様の傾向を示せれば、強力打線を形成している楽天と相対する際の貴重なピースとなってきそうだ。

 また、6月25日の試合では新助っ人のドリュー・バーヘイゲン投手が6回1失点と好投し、来日初登板で見事にNPB初勝利を記録。有原航平投手やニック・マルティネス投手といった実績ある投手たちが苦しむ中で、好調の楽天打線を相手に快投を披露した。今後も楽天打線に対して同様の投球を続けることができれば、自身の成績の安定にもつながってきそうだ。

 打線では西川遥輝選手が6連戦の全試合で安打を放ち、打率.360、二塁打2本、本塁打1本という成績を残した。西川選手の過去の楽天戦の成績は、2016年は打率.387と好相性だったが、2017年が打率.280、2018年と2019年がともに打率.281と、直近3年は打率.280近辺の数字が続いていた。今季は久々に、楽天を“お得意様”とするシーズンにできるだろうか。

 また、中田翔選手は打率こそ.217と低かったものの、6試合で4本塁打を放つ活躍ぶりで長距離砲としての存在感を発揮。中田選手は村田投手とは対照的に、近年の楽天戦の対戦成績は芳しいものではなかった。

中田翔

中田翔

 このように、2017年以降のこのカードではかなり苦しい数字となっている。昨季は楽天との最初の6試合で打率.315と活躍を見せたが、その後は苦しんで打率.224という数字に終わっていた。今季も打率こそ低いものの、2017年と2018年の同カードで記録した本塁打数をたったの6試合で超えている点は特筆ものだ。徐々に対応された2019年と同じ轍を踏むことなく、今後も本塁打を量産できるかに注目だ。

【1回表】ファイターズ・中田が2試合連発の2ランホームランで先制!! 2020/6/28 E-F

楽天

 開幕ローテーションの一員としてプロ2年目のシーズンを迎えた弓削隼人投手が、今季初登板となった6月23日の北海道日本ハム戦で6.2回を投げて6奪三振、無失点で今季初勝利をマークした。2018年にも北海道日本ハムに対しては3試合で2勝、防御率1.40という快投を見せており、今後もこの投球が続けられれば、前年に引き続いて“お得意様”と呼べる存在となってきそうだ。

 また、エースの則本昂大投手も6月26日に7回1失点という好投を見せて白星を記録。則本投手の対北海道日本ハムの成績は、2017年から3年続けて防御率3点台という数字だった。今季はさらに相性の良い相手とできるか、今後の投球に期待したい。また、J.T.シャギワ投手が3試合に登板して2.1回を無失点、津留崎大成投手も3試合で3回を投げて無失点と、2名の新戦力も好投を披露。相手の研究を乗り越え、今後も同様の快投を続けられるか注目だ。

 打線では開幕から正捕手として出場を続けている太田光選手が、6月27日の試合で4打数4安打の活躍を見せるなど、6試合で打率.500、OPS1.368という驚異的な数字を記録。「打てる捕手」としての地位を確立するためにも、得意な相手を作ることはプラスに働くことだろう。今後もこのカードで活躍を見せられるかは、本人にとってもチームにとっても重要になってきそうだ。

 さらに、ステフェン・ロメロ選手も6試合で打率.500、2本塁打、OPS1.547という圧巻の成績を残し、チームのカード勝ち越しに貢献している。オリックスに在籍していた2017年から2019年における、ロメロ選手の対北海道日本ハムの成績は以下の通りだ。

ステフェン・ロメロ

ステフェン・ロメロ

 2017年には17試合で9本塁打を放ち、2019年には打率.362を記録するなど、やや得意としている相手と言えそうだ。2019年にも北海道日本ハムとの最初の6試合で打率.364という数字を残していたが、太田選手と同じく2打数に1本の割合でヒットを放った今回の6連戦では、その前年をさらに上回る好成績を残している点も特筆ものだ。

 また、浅村栄斗選手も6試合で打率.417、3本塁打、11打点、OPS1.417という素晴らしい活躍を見せ、チームの勝ち越しに大きく貢献している。浅村選手の2016年以降の北海道日本ハムとの対戦成績についても、同様に見ていこう。

浅村栄斗

浅村栄斗

 埼玉西武に在籍していた2016年から2018年まではいずれも対戦打率が.300を超えるなどかなり得意としていたが、楽天移籍後の2019年はやや対戦成績を落としていた。最初の対戦で好スタートを切った今季は、再びこの対戦を好相性のカードとできるか。

埼玉西武

 投手陣では守護神の増田達至投手が3試合に登板して無失点、その間に許した走者は1人のみという抜群の安定感を見せ、1勝2セーブとチームの勝利に貢献。増田選手の2016年以降における、福岡ソフトバンクとの対戦成績は次のようになっている。

増田達至

増田達至

 2016年は見事な成績を収めていたが、2017年と2018年には対戦防御率が大きく悪化。しかし、自身初の年間30セーブを記録するなどキャリアハイの成績を収めた2019年には、再び対戦成績を良化させていた。2020年もこの流れを継続し、2019年までの2シーズンにわたった苦戦を、完全に過去のものとできるだろうか。

 また、平井克典投手も3試合で2.1イニングに登板して無失点、新戦力の宮川哲投手とリード・ギャレット投手もそれぞれ4イニングで失点は1つのみと、増田投手以外のリリーフ陣の中にも活躍を見せた面々は多かった。救援陣の踏ん張りが、6月26日から3日連続で起こした終盤の逆転劇にも大きな役割を果たしただけに、今後もこの相性が続くかどうかは、チーム全体の対戦成績をも左右しうるだろう。

 打線では山川穂高選手が6試合で打率.375、5本塁打、12打点、OPS1.873という圧巻の打棒を見せ、3年連続の本塁打王に向けて好スタートを切っている。山川選手の2016年以降の対福岡ソフトバンクの打撃成績はこのようになっている。

山川穂高

山川穂高

 2年続けて福岡ソフトバンク戦で11本の本塁打を放っており、2019年にはカード別で最多となる本塁打数を記録。2017年にも高い対戦打率を記録するなど、総じてこの顔合わせを得意としていると言えそうだ。3シーズン続けてリーグ優勝を争ってきたライバルとの直接対決を好成績で終えるためにも、主砲のバットにかかる期待は今後も大きくなりそうだ。