楽天イーグルスは岸孝之が今季初先発! 千葉ロッテの種市篤暉は今季初勝利なるか?

2020-07-03 23:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/3 イーグルス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月4日、楽天生命パーク宮城で楽天イーグルスと千葉ロッテの第5回戦が14時から行われる。3日の試合は3対1で楽天が勝利を収め、再び首位タイに並んだ。

【今季対戦成績】
楽天イーグルス→3勝1敗
千葉ロッテ→1勝3敗

【楽天イーグルス】岸孝之投手 15試合3勝5敗 93.2回 86奪三振、防御率3.56(※昨季成績)
【千葉ロッテ】種市篤暉投手 2試合0勝0敗 13回 13奪三振、防御率1.38

 楽天の先発は今季初登板の岸孝之投手。調子が上がらず二軍降格となった松井裕樹投手に代わってローテーション入り。腰の張りで出遅れていたベテラン右腕の復帰は、チームにさらなる勢いをもたらすか。打線は得点圏打率.400をマークしている島内宏明選手に注目。3日の試合では1号ソロを含む2安打の活躍でクリーンナップとして申し分のない働きを見せている。この試合でも勝負を決める一打に期待がかかる。

 千葉ロッテの先発は種市篤暉投手。前回登板のオリックス戦では、7回3安打8奪三振1失点の好投を披露した。昨季、楽天生命パーク宮城では2試合に登板し2勝0敗、防御率1.50をマーク。得意の敵地で今季初勝利を手にすることができるか。打線では荻野貴司選手に注目。打率.340をマークするリードオフマンは、この一戦でも多くの得点を演出できるか。

文・池田紗里

関連リンク