和田毅が8回途中3失点で初勝利。柳田悠岐の猛打賞など13安打8得点の猛攻で鷹がカード勝ち越し

2020-07-04 16:53 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/4 ファイターズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月4日、札幌ドームにて行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第5回戦は、8対3で福岡ソフトバンクが勝利。打線が13安打で8得点を挙げ、同一カード6連戦の勝ち越しを決めた。

 福岡ソフトバンクは初回、2番・今宮健太選手が北海道日本ハム先発・加藤貴之投手の直球を左翼席に運び、2号ソロホームランで幸先良く先制。なおも好機の場面で、4番・バレンティン選手、5番・長谷川勇也選手に連続適時打が生まれ、スコアを3対0とする。

 3回表には、 柳田悠岐選手、バレンティン選手の連打などで1死満塁とすると、川島慶三選手の打球を、ショート・石井一成選手が後逸。その間にランナーが生還し2点を追加。6回表には今宮選手の適時打、8回表には栗原陵矢選手の犠飛で得点を重ねスコアは7対0に。大量援護を受けた先発の和田毅投手は6回まで無安打投球、7回裏に安打を許したが、ここも無失点。8回裏もマウンドに上ったが、3連打を許し8回途中でマウンドを降りた。

 リードする福岡ソフトバンクは、8回裏に津森宥紀投手が松本剛選手の適時打で1点、後を託された嘉弥真新也投手も西川遥輝選手の併殺崩れ、大田泰示選手の適時打で2点を献上し、降板。なおも1死2,3塁のピンチだったが、ここは8試合連続無失点中のモイネロ投手が、近藤健介選手中田翔選手を2者連続三振に切って追加点は許さず。

 打線は9回表、この回先頭の柳田選手の三塁打、続くバレンティン選手の犠飛で1点を追加。5点リードの最終回は、守護神・森唯斗投手が無失点に抑え、8対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の和田投手が6回まで無安打に抑えるなど、7.0回4安打4奪三振2四球3失点の投球で今季初勝利。打線は柳田選手の猛打賞含む、4選手がマルチ安打の活躍と活気を見せた。一方の敗れた北海道日本ハムは、先発した加藤投手が3.1回7安打5失点と試合を作ることができず、打線も大量失点を挽回できずカード負け越しを喫した。

  123456789 計
ソ 302001011 8
日 000000030 3

ソ ○和田毅-津森宥紀-嘉弥真新也-モイネロ-森唯斗
日 ●加藤貴之-村田透-吉川光夫

文・池田紗里

関連リンク

campaign