田嶋大樹が7回3失点で今季初勝利をマーク! 吉田正尚の3号2ランでオリックスが逆転勝利

2020-07-04 20:46 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/4 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月4日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第5回戦は、4対3でオリックスが勝利。終盤に吉田正尚選手の3号2ランで試合をひっくり返し、逆転勝利を飾った。

 オリックスの先発は田嶋大樹投手。初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せたが、4回裏に森友哉選手、中村剛也選手の連続適時打で3失点。先制点を献上したが、以降は7回まで追加点を与えない投球を見せ、7回5安打3奪三振1四球3失点の内容で降板した。

 好投に応えたい打線は5回表、5番・ロドリゲス選手の2号ソロで1点を返す。8回表には、大城滉二選手の適時打、吉田正尚選手の3号2ランで逆転すると、8回裏をヒギンス投手、9回裏をディクソン投手がそれぞれ無失点に抑え、4対3で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発の田嶋投手が7回3失点の好投で今季初勝利をマーク。打線はロドリゲス選手、吉田正選手の本塁打で効率よく得点を挙げ、埼玉西武との対戦成績を2勝2敗1分とした。一方敗れた埼玉西武は、先発した松本航投手が7回5安打5奪三振無四球1失点の好投も、リリーフ陣が逆転を許し今季初勝利は次回登板にお預けとなった。

  123456789 計
オ 000010030 4
西 00030000X 3

オ ○田嶋大樹-ヒギンス-Sディクソン
西 松本航-森脇亮介-●小川龍也-宮川哲-田村伊知郎

文・東海林諒平

関連リンク