野村佑希が決勝本塁打! リリーフ陣が奮闘した北海道日本ハムが接戦を制す

2020-07-05 16:22 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/5 ファイターズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月5日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第6回戦は、5対3で北海道日本ハムが勝利。カード最終戦を白星で飾り、2勝3敗1分で鷹との6連戦を終えた。

 北海道日本ハムの先発はプロ初勝利を目指す河野竜生投手。初回、2死から四球で出塁を許すと、4番・バレンティン選手が放ったセンターへの飛球を西川遥輝選手が落球。思わぬ形で先制点を許したが、直後の1回裏、2者連続四球からチャンスを作り、近藤健介選手の適時打で同点に追いつくと、続く中田翔選手の適時打ですぐさま勝ち越しに成功。さらに併殺崩れも重なり、スコアを3対1とした。

 打線の援護を受けた河野投手は3回表、プロ初スタメンの九鬼隆平選手にプロ初安打となる左翼席への1号ソロを献上。さらに1死から二塁打と四球でピンチを作ると、バレンティン選手にライトオーバーの適時二塁打を打たれ、同点に追いつかれる展開に。

 追いつかれた北海道日本ハムだったが4回裏、先頭の野村佑希選手がインコースのチェンジアップを左翼席中段へ運ぶ2号ソロを放ち、再び勝ち越しに成功。5回裏にも、渡邉諒選手に適時打が飛び出し、2点のリードを奪った。

 河野投手は4回表を投げ切ったところで降板し、5回表から継投へ。2番手・玉井大翔投手は2回を投げて無失点。後を受けた公文克彦投手は走者を許さず。8回表は宮西尚生投手が無失点でつなぎ、9回は守護神・秋吉亮投手が登板。得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑え、5対3で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは中盤にリードを奪うと、リリーフ陣が2点のリードを守り抜いた。先発の河野投手は4回4安打4奪三振3四死球3失点(自責点2)で初勝利は次回以降にお預けとなった。敗れた福岡ソフトバンクは、先発の二保旭投手が5回途中5失点と試合を作れなかったが、8回裏に登板した北海道出身・古谷優人投手がプロ初登板で無失点と明るい材料もあった。

  123456789 計
ソ 102000000 3
日 30011000X 5

ソ ●二保旭-笠谷俊介-泉圭輔-古谷優人
日 河野竜生-○玉井大翔-公文克彦-宮西尚生-S秋吉亮

文・和田信

関連リンク