【ファーム】育成ルーキー・勝連大稀の公式戦初安打は2ラン! 鷹が6連勝を飾る

2020-07-05 16:48 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス・勝連のプロ初安打は2ランホームラン!! 2020/7/5 H-C(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 7月5日、タマホームスタジアム筑後にて行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦第3回戦は、5対4で福岡ソフトバンクが勝利。先発の大竹投手が崩れ一時逆転を許すも、相手のミスにもつけこんで再逆転し連勝を「6」に延ばした。

 福岡ソフトバンクは2回裏、先頭の4番・内川聖一選手が広島の先発・中村祐太投手から安打を放つなど1死1,3塁の好機を演出。ここで7番・リチャード選手のライト前に抜けるタイムリーで1点を先制する。さらに4回裏、1死からリチャード選手が安打で出塁。2死2塁としたところで育成ルーキーの9番・勝連大稀選手に公式戦初安打となる1号2ランが飛び出し、2点を追加した。

 しかし5回表、先発の大竹耕太郎投手が崩れた。1死から広島の1番・大盛穂選手に出塁されると、味方の失策もあり1死1,2塁のピンチを背負う。ここから宇草孔基選手、林晃汰選手、小窪哲也選手に3連打を浴び、3点を献上。同点とされるとなおも1死1,3塁の場面から、ゴロの間に1点を失い逆転を許してしまう。

 大竹投手は5回10安打1四球4失点という内容でマウンドを降り、福岡ソフトバンクは継投に入る。6回表には田浦文丸投手、7回表は加治屋蓮投手が登板しそれぞれ無失点に抑えたが、打線は中村投手の前に走者をためられず。ドラ5ルーキー・柳町達選手にも公式戦初安打が生まれたが、得点には結びつかなかった。

 福岡ソフトバンクは7回裏、継投に入った広島の2番手・岡田明丈投手から2つの四球を選び1死1,2塁とすると、相手失策の間に1点を返し同点とする。さらに1死満塁とチャンスを拡大すると、途中出場のドラ1ルーキー・佐藤直樹選手の犠飛で1点を加え再び逆転に成功した。

 8回表は松田遼馬投手が難なく3者凡退に抑えると、9回表には渡邉雄大投手がきっちりと締め試合終了。5対4で福岡ソフトバンクが勝利し、連勝を「6」とした。先発の大竹耕太郎投手が5回に崩れ10安打4失点で逆転を許すも、救援陣が無安打でつなぐ間に打線が再逆転した。打っては7番・リチャード選手が3安打、育成ルーキー・勝連大稀選手にも公式戦初安打となる2ランが生まれた。

  123456789 計
広 000040000 4
ソ 01020020X 5

広 中村祐太-●岡田明丈-島内颯太郎
ソ 大竹耕太郎-田浦文丸-○加治屋蓮-松田遼馬-S渡邉雄大

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク