栗原陵矢&柳田悠岐の本塁打で福岡ソフトバンクが快勝! 千賀滉大は5回3失点で1勝目

2020-07-07 20:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/7 ホークス対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月7日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天イーグルスの第1回戦は、福岡ソフトバンクが4対3で接戦を制し、6連戦の初戦を白星で飾った。

 今試合が復帰登板となる福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手は初回、1死から2番・鈴木大地選手に10試合連続となる安打で出塁を許すとその後四球などで2死1,2塁と一打先制の危機を招く。ここで5番・島内宏明選手に適時二塁打を許し、2点を献上した。

 直後の1回裏、1番・栗原陵矢選手が死球で出塁すると、3番・柳田悠岐選手が楽天の先発・弓削隼人投手の直球を左翼席に運び、すぐさま同点に追い付く。さらに2回裏には1番・栗原選手に3号ソロが生まれ、勝ち越しに成功する。

 3回表に好調・浅村栄斗選手のリーグトップとなる8号ソロ本塁打ですぐさま追いつかれたが、5回裏に2番・今宮健太選手が敵失で出塁すると、柳田選手が適時打を放ち、再び勝ち越しに成功。

 リードを奪った福岡ソフトバンクは、先発・千賀投手が5回4安打3失点で降板。6回表から2イニングを高橋礼投手が無失点に抑えると、8回表をモイネロ投手、9回表を守護神・森唯斗投手が締め、4対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発・千賀滉大投手が自己最速タイの161km/hをマークするなど、5回94球4安打6奪三振3失点で今季1勝目を手に入れた。打線では柳田悠岐選手が本塁打含む2安打3打点の活躍を見せ、同期の千賀投手を援護した。敗れた楽天は、弓削投手が6回6安打4失点と本来の投球を披露することができず。打線も序盤の得点以降、得点圏に走者を置く場面もあったがあと1本が出ず、連勝がストップした。

  123456789 計
楽 201000000 3
ソ 21001000X 4

楽 ●弓削隼人-酒居知史
ソ ○千賀滉大-高橋礼-モイネロ-S森唯斗

文・後藤万結子

関連リンク

campaign