苦しい投球が続く小島和哉と今井達也が先発。今季1号が出た安田尚憲に期待

2020-07-07 22:05 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/7 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月8日、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと埼玉西武の第2回戦が18時から行われる。7日のカード初戦は、8対6で千葉ロッテが勝利を収めた。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→1勝0敗
埼玉西武→0勝1敗

【千葉ロッテ】小島和哉投手 2試合1勝1敗 9回 6奪三振、防御率9.00
【埼玉西武】今井達也投手 2試合0勝2敗 11回 6奪三振、防御率8.18

 千葉ロッテの先発は小島和哉投手。ここまで登板した2試合は、5回4失点、5回途中5失点と苦しい投球が続いている。昨季2試合に先発して0勝2敗、防御率15.36と打ち込まれた埼玉西武相手に好投を見せ、チームを連勝に導きたい。打線では安田尚憲選手に注目。開幕から20打数1安打と苦しんでいたが、7日の試合に「7番・指名打者」で先発出場すると、第3打席に待望の1号2ランホームランを放った。この一発を皮切りに状態を上げていけるか。

 対する埼玉西武は今井達也投手が先発。ここまで登板した2試合は、いずれも6回に大きく崩れ、6回途中で降板する悔しい内容が続いている。この試合ではより長いイニングを投げ、今季初勝利をつかめるか。打線では鈴木将平選手が当たっている。7日の試合は「9番・左翼手」で先発出場すると、第1打席に先制の犠飛、第2打席に二塁打、第3打席に左安打と、3打数2安打1打点を挙げる活躍を見せた。13打数4安打で打率.308をマークしている22歳の若獅子に注目だ。

文・東海林諒平

関連リンク