今井達也が7回2安打無失点の快投で今季初勝利! 埼玉西武が連敗ストップ

2020-07-08 20:54 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/8 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月8日、ZOZOマリンスタジアムにて行われた千葉ロッテと埼玉西武の第2回戦は、3対0で埼玉西武が勝利。先発・今井投手が7回を2安打無失点に抑え、今季初勝利を手にした。

 埼玉西武は1回表、千葉ロッテの先発・小島和哉投手から1番・スパンジェンバーグ選手がライトオーバーの二塁打で出塁する。ここから1死3塁と好機を拡大し、3番・外崎修汰選手の内野安打の間に1点を先行した。

 先発の今井達也投手は初回から3者凡退に打ち取る立ち上がりを見せると、千葉ロッテ打線をテンポよく抑え、6回まで1安打ピッチング。6回裏には死球から崩れ、1死満塁のピンチを背負ったが、ここは併殺で切り抜けた。

 追加点が欲しい中盤の6回表、2死走者なしから5番・森友哉選手の放った打球がスタンドへ一直線。これが今季第2号のソロ本塁打となり「今井が頑張って投げているので何とか追加点が欲しい場面でした。いい打撃ができてよかったです。打てて良かったです!」と女房役の貴重な援護点でリードを広げた。

 さらに8回表、先頭の外崎選手が四球を選び出塁すると、盗塁を決め無死2塁とする。ここで4番・山川穂高選手がレフト前へ適時打を放ち、3点目を追加。山川選手は「打てて良かったです」といつも通りのコメントで打席を振り返った。

 終盤に3点リードを奪った埼玉西武は8回から継投策に入る。8回裏を平良海馬投手が難なく抑え、3点差で迎えた9回裏には守護神・増田達至投手が登板し、ここも3者凡退抑えて試合終了。3対0で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は先発・今井投手が「風に助けられたところがあったと思います」と振り返りながらも7回2安打無失点の快投。四死球は6となったが、要所を抑え今季初勝利を手にした。後を受けたリリーフも、開幕戦以来の完封リレーを見せ、連敗を「3」で止めた。打っては森選手に本塁打含むマルチ安打を記録した。

 一方敗れた千葉ロッテは先発・小島和哉投手が6回6安打2失点にまとめるも、打線が安田尚憲選手の2安打のみにとどまり援護できず。四死球で満塁のチャンスを得るシーンもあったが、あと1本が出ず、今季初の完封負けを喫しホームの連勝は「7」でストップとなった。

  123456789 計
西 100001010 3
ロ 000000000 0

西 ○今井達也-平良海馬-S増田達至
ロ ●小島和哉-チェン-田中靖洋-石崎剛

文・丹羽海凪

関連リンク