状態を上げてきたジョーンズと大田泰示に期待。第3回戦の先発は山崎福也とバーヘイゲン

2020-07-08 23:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/8 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月9日、京セラドーム大阪でオリックスと北海道日本ハムの第3回戦が18時から行われる。8日の試合は、10対4で北海道日本ハムが勝利した。

【今季対戦成績】
オリックス→1勝1敗
北海道日本ハム→1勝1敗

【オリックス】山崎福也投手 1試合0勝0敗 5回 3奪三振、防御率5.40
【北海道日本ハム】バーヘイゲン投手 2試合1勝0敗 10.1回 8奪三振、防御率4.35

 オリックスの先発は山崎福也投手。前回登板した2日の埼玉西武戦では、2本塁打を浴びるなど、5回6安打4失点(自責点3)の内容だった。この試合では一髪に警戒し、今季初勝利をつかみたい。打線ではジョーンズ選手に注目。8日の試合で3号ソロを含む2安打をマークした。打率.288と状態が上がってきている助っ人に期待が高まる。

 対する北海道日本ハムはバーヘイゲン投手が先発。来日初登板では6回2失点の好投で今季初勝利を挙げたが、前回登板した2日の福岡ソフトバンク戦では5回途中6失点と打ち込まれた。試合を作る投球でチームを連勝に導けるか。打線では大田泰示選手に注目。6月は打率.156と不調だったが、8日の試合では2安打4打点をマークするなど、7月は打率.241と状態を上げてきている。この試合でも「強打の2番打者」として相手にプレッシャーをかけたい。

文・東海林諒平

関連リンク