伏見寅威が京セラ初本塁打! オリックスと北海道日本ハムのシーソーゲームは引き分けに

2020-07-09 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/9 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月9日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第3回戦は、延長戦の末4対4で引き分けに終わった。

 オリックスは4回裏、先頭・吉田正尚選手が安打で出塁すると、1死からT-岡田選手の5号2ランで2点を先制する。援護を受けた先発の山崎福也投手も、北海道日本ハム打線を5回までノーヒットに抑える力投で応えた。

 6回表、北海道日本ハムの4番・中田翔選手の7号3ランなどで一時は2点のリードを許すも、直後の6回裏に伏見寅威選手が京セラドーム大阪では自身初となる1号ソロを放ち、一点を返す。8回裏には宮西尚生投手からチャンスを作ると、敵失策の間に同点に追いついた。

 投手陣も7回以降は要所を締める。7回表から増井浩俊投手が2イニングを3者凡退に抑えると、9回表はディクソン投手が走者を許しながらも無失点に。10回表はヒギンス投手がピンチを背負ったが、北海道日本ハムに勝ち越しは許さない。一方の打線は9回裏、10回裏ともにサヨナラの好機を作ったものの、あと1本が出ず。試合は延長10回を終え、4対4で引き分けに終わった。

 オリックスは、先発の山崎福也投手が5.0回2安打6四球3失点の内容。2点ビハインドで後半に突入したものの、打線が粘って引き分けに持ち込み、連敗を阻止した。7回以降相手打線を1安打に抑えたリリーフ陣の投球内容は大きな収穫となった。

 一方の北海道日本ハムは、先発したバーヘイゲン投手が6回7安打8奪三振1四球3失点で降板。打線が中盤に勝ち越したが、守備の乱れで同点に追いつかれる悔しい展開となった。なお、この試合で西川遥輝選手が通算1000試合出場を達成している。

  12345678910 計
日 0000040000 4
オ 0002010100 4

日 バーヘイゲン-公文克彦-宮西尚生-玉井大翔-秋吉亮
オ 山崎福也-澤田圭佑-増井浩俊-ディクソン-ヒギンス

文・小野寺穂高

関連リンク