普段の「6月」と今季の「6月」はどう違った? 開幕好調、14名の直近5年間を分析

2020-07-14 17:30 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》E浅村 強靭な体幹から繰り出す『トルネードスイング』

寒暖差の激しさもあり、気候面でも難しい時期である「日本の6月」

 2020年のペナントレースが開幕してから約1カ月が過ぎ、カレンダーも7月に。今季は開幕が6月19日まで延期されたこともあり、6月に行われた公式戦は各チームともにわずか10試合と、例年に比べてかなり少ない数字となっている。

 この時期に各選手が残した成績は、従来通りに開幕直後の成績として扱って差し支えないものではあるだろう。ただ、例年とは異なり、すでに「球春」とは言い難い時期であるのも確かだ。気候面でも日によっての寒暖差が激しい時期であり、従来のシーズンであれば夏場に差し掛かる前の、各チームにとっても疲れが出てきやすいタイミングでもあるだろう。

 また、今季は短縮日程の影響もありセ・パ交流戦が開催されなかったが、従来であれば6月は交流戦の日程の大半が組み込まれる時期でもある。交流戦では普段は対戦しない投手を相手取るため、各打者にとっても高い対応力が求められる。その交流戦が存在しなかった今季の6月は、対戦カードという面でも、昨季までとはやや趣が異なっていたといえよう。

 さて、疲労、暑さ、他球団の研究の進行といった、本来であれば少なくない数の選手が苦手とする要素の影響が薄かった今年の6月に、各選手が記録していた数字は、昨年までとは具体的にどのような点が異なっていたのだろうか。

 今回は、規定打席到達者の中で6月の成績が優れていた打者の中から、2019年以前にもチームの主力として活躍していた選手たちをピックアップ。2016年以降の各シーズンの6月に記録された成績について確認し、従来より6月を得意としていた通りに今季も活躍した選手や、これまでは6月を苦手としていたものの、今季は趣の異なる成績を残した選手が誰だったのかを見ていきたい。

 まずは、2019年以前から6月を得意としてきた7名の選手について、各年の6月に残した数字とともに紹介していきたい。

西川遥輝選手(北海道日本ハム)

 俊足の持ち主としても知られる西川選手は、打率や出塁率だけでなく、盗塁数の面でも優れた数字を残してきた。とりわけ、2017年は1カ月だけで9盗塁を記録し、打率と出塁率も高水準だった。また、2019年は年間19盗塁とレギュラー定着後では最少の数字に終わったが、この年も6月には月別最多となる6盗塁を記録している。打率.233だった2018年も高出塁率でチャンスメーカーとして機能しており、総じて6月を得意としていると言えそうだ。

浅村栄斗選手(埼玉西武→楽天)

 2016年と2017年は好相性とは言えない数字だったが、2018年以降は3シーズン連続でそれぞれ打率.300、出塁率.400を上回る数字を記録。10試合で15打点という驚異的なペースで打点を量産した今季はその中でも特に優れた打撃内容を見せていたが、2018年にも23試合で24打点と試合数を上回る打点を記録。直近2年間は、6月に入ってから大きく調子を上向かせているようだ。

鈴木大地選手(千葉ロッテ→楽天)

 5年間のうち打率.300を超えたシーズンが4度あり、そのうち3度は打率.325以上とかなり優秀な数字を記録。特筆すべきは打撃3部門の全てにおいて優れた成績を残した2019年で、同年には6月の月間MVPにも輝いている。唯一打率が.300を下回った2017年にも出塁率.367と選球眼の良さを発揮しており、6月という時期とはとりわけ相性の良い選手の一人といえそうだ。

ステフェン・ロメロ選手(オリックス→楽天)

 来日以来全てのシーズンで打率.280を上回り、それぞれ出場試合数を考えればハイペースに本塁打と打点を記録。これまでのキャリアにおいて故障に悩まされることも少なくなかったロメロ選手だが、6月には毎年安定した活躍を見せてきたと言える。そんな中でも、打率、出塁率ともに圧倒的な成績を残した今季の活躍ぶりは際立っており、まさに驚異的といえる打撃内容を見せていた。