栗山巧が同点2ランと決勝の押し出し四球。埼玉西武が千葉ロッテに逆転勝利

2020-07-10 21:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/10 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第4回戦は、7対6で埼玉西武が勝利。序盤に6点を失うも打線が7得点を挙げ、逆転勝利を収めた。

 埼玉西武は1回表、1番・鈴木将平選手の安打などで1死1,2塁とすると4番・山川穂高選手の6号3ランで先制。幸先良く援護を受けた先発のニール投手だったが、初回に野選と犠飛で2点を返されると、3回裏には井上晴哉選手に3号3ラン、4回裏には荻野貴司選手に適時打を浴び、4回までに6失点。

 打線は4回表に山野辺翔選手の適時打で1点を返したが、以降は千葉ロッテ先発の石川歩投手を捉えられず。6回を終え4対6の2点ビハインドで試合は終盤へ突入した。

 2点を追う埼玉西武は8回表、5番・森友哉選手が四球で出塁すると6番・栗山巧選手が東條大樹投手から同点の2号2ランを放ち、試合を振り出しに。9回表には、益田直也投手から1死満塁の好機を得ると、栗山選手が押し出し四球を選んで勝ち越し。9回裏は守護神・増田達至投手が3者凡退で締め、7対6でゲームセット。

 勝利した埼玉西武は、先発のニール投手が6回6安打4四球2奪三振6失点と課題が残る内容に。打線では、栗山選手が同点2ラン、最後には値千金の押し出し四球をつかみ取り勝利に大きく貢献した。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の石川投手が7回3安打3奪三振4失点。勝ち投手の権利を手にしたものの、後を託された東條選手が同点2ランを浴び初勝利はならず。9日の試合でスタメンを外された井上選手が逆転3ランを放つなど打線も奮起したが、ZOZOマリンに集ったファンに勝利を届けることができなかった。

  123456789 計
西 300100021 7
ロ 203100000 6

西 ニール-宮川哲-○ギャレット-S増田達至
ロ 石川歩-東條大樹-●益田直也

文・下村琴葉

関連リンク