【ファーム】ルーキー・福田光輝の決勝弾! 継投もはまった千葉ロッテが北海道日本ハムに勝利

2020-07-11 16:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・福田光 バックスクリーン右への勝ち越しアーチ!! 2020/7/11 F-M(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 7月11日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムにて行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は4対3で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発・大嶺祐太投手は走者を出しつつも粘りを見せる。この粘投に応えたい打線だったが、北海道日本ハムの先発・吉田輝星投手の前に1巡目は完璧に抑え込まれてしまう。試合は両先発の好投により4回までスコアが動かない展開が続いた。

 均衡を破ったのは5回表。先頭の5番・高部瑛斗選手が四球を選び出塁すると、2死1,3塁とチャンスを拡大する。ここで9番・西巻賢二選手に適時打が生まれ、1点を先制する。しかし直後の5回裏、北海道日本ハムの1番・田宮裕涼選手の適時打で1点を返されすぐに試合は振り出しに戻った。

 継投に入った千葉ロッテは6回裏を2番手・大谷智久投手が抑える。すると7回表、6番・福田光輝選手が北海道日本ハムの2番手・斎藤佑樹投手から公式戦初本塁打となるソロを放ち、勝ち越しに成功する。さらに2死から3つの四球で満塁とすると、3番・香月一也選手の適時打で2点を追加しスコアは4対1に。

 3点リードの7回裏を山本大貴投手、8回裏を南昌輝投手がつなぐと、9回裏には松永昂大投手が登板。1死満塁のピンチを招き2失点も、なんとか逃げ切り試合終了。北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は千葉ロッテが4対3で勝利を収めた。

 勝利した千葉ロッテは、先発・大嶺投手が5回4安打3四球と走者を出しながらも粘投で1失点にまとめた。打線は4安打も四球から得たチャンスを逃さず4得点。「6番・セカンド」でスタメン出場したルーキー・福田光選手が勝ち越しの本塁打を放った。

 一方敗れた北海道日本ハムは先発・吉田投手が序盤は完璧な投球を見せたが、5回表に3四球とリズムを崩す場面もあって6回途中2安打4四球1失点。2番手・斎藤投手が7回表に3失点と誤算だった。打っては3番・樋口選手が適時打含む3安打。9回裏に1点差まで詰め寄るも、あと1本が出なかった。

  123456789 計
ロ 000010300 4
日 000010002 3

ロ 大嶺祐太-○大谷智久-山本大貴-南昌輝-S松永昂大
日 吉田輝星-●斎藤佑樹-立野和明-鈴木健矢

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク