【ファーム】愛斗、佐藤龍世、高木渉の一発で埼玉西武が楽天に大勝!

2020-07-11 17:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ライオンズ・愛斗 センターへの豪快な先制3ランホームラン‼ 2020/7/11 E-L(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 7月11日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天イーグルスと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第2回戦は、埼玉西武が10対2で大勝を収めた。

 埼玉西武は初回、1番・水口大地選手と2番・山田遥楓選手の連打などで2死1、2塁とすると5番・愛斗選手が楽天の先発・松井裕樹投手の直球を捉えると、打球はそのままスタンドへ。今季3本目の本塁打で3点を先制する。

 さらに4回表には先頭・佐藤龍世選手の打球が左翼席に飛び込み1点を追加。その後9番・川野涼多選手の安打などで2死1、2塁とすると、山田選手の適時二塁打で貴重な追加点を得る。なおも2死2、3塁の好機で、3番・高木渉選手が本塁打を放ち、この回一挙5得点。

 序盤から頼もしい援護を受けた埼玉西武の先発・上間永遠投手は初回から安定した投球を披露し、走者を背負う場面もありながら冷静に対処して3イニングを投げて2安打無失点で降板。2番手・内海哲也投手が5回裏の村林一輝選手の適時打や6回裏の田中和基選手の本塁打で2点を献上するも、大きく崩れることなくリードを守る。

 埼玉西武は7回表に佐藤龍世選手の適時打でさらに2点を追加し、リードを8点に広げたところで雨脚が強まり降雨コールドで試合終了。埼玉西武が10対2で勝利した。

 勝利した埼玉西武は先発・上間永遠投手が3回2安打1四球無失点と好投を見せた。打線も3本の本塁打などで効率よく得点を重ねて快勝を収めた。一方の敗れた楽天は、先発・松井裕樹投手が4回8安打3四球8失点と不本意な内容。打線も好機を生かせずわずか2得点に終わった。

  1234567 計
西 3005002 10
楽 000011X 2

西 上間永遠-○内海哲也
楽 ●松井裕樹-由規-池田駿 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・後藤万結子

関連リンク