菅野剛士が2ラン含む2安打3打点! 井上晴哉にも一発が生まれ千葉ロッテが勝利

2020-07-11 17:39 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/11 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第4回戦は、千葉ロッテが6対4で接戦を制した。

 初回から千葉ロッテが埼玉西武の先発・松本航投手を攻める。1回裏、1番・荻野貴司選手が失策で出塁し、1死2塁とする。3番・菅野剛士選手が今季第1号の2ランを放つと、なおも1死1塁として5番・井上晴哉選手にも4号2ランが生まれ4点を先制。さらに2回裏、荻野貴選手にタイムリーが飛び出し序盤から千葉ロッテが5点のリードを奪った。

 千葉ロッテの先発・種市篤暉投手は立ち上がりから落ち着いた投球を披露。3回表に埼玉西武の1番・鈴木将平選手にプロ初本塁打となるソロホームランを浴びるなど2点を失ったが、逆転は許さず。6回7安打10奪三振4四死球3失点という内容でマウンドを降りた。

 4回裏にも千葉ロッテは2死2塁から菅野選手がタイムリーを放ち1点を追加。6対3と3点リードの7回表から継投策に入った。7回表をハーマン投手、8回表を石崎剛投手とつなぎ、2点差で迎えた9回表には益田直也投手が登板した。益田投手は2番からの好打順をきっちり抑えて試合終了。千葉ロッテと埼玉西武の第4回戦は、6対3で千葉ロッテが勝利を飾り、対戦成績を5分に戻した。

 勝利した千葉ロッテは先発・種市投手が6回3失点。埼玉西武打線を相手に10奪三振と好投を見せ今季初勝利を収めた。打線は3番を務めた菅野選手が2ラン含む2安打3打点。井上選手にも2試合連続となる2ランが生まれるなど、序盤からリードを奪い守り切った。敗れた埼玉西武は、先発・松本投手が4回6失点(自責点5)と乱調。打線は1番・鈴木選手がプロ初本塁打を記録するなど2安打2打点。8安打4得点としたが、序盤の失点が大きく響いた。

  123456789 計
西 002001010 4
ロ 41010000X 6

西 ●松本航-伊藤翔-森脇亮介-平井克典
ロ ○種市篤暉-ハーマン-石崎剛-S益田直也

文・丹羽海凪

関連リンク