終盤に勝ち越しオリックス・ヒギンスが来日初勝利! 先発・田嶋大樹は5回1失点

2020-07-11 17:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/11 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月11日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第5回戦は、オリックスが5対3で勝利を収め、カード勝ち越しを決めた。

 オリックスの先発・田嶋大樹投手は初回、2者連続四球などで1死1、2塁とすると4番・中田翔選手に適時打を許し1点を先制される。しかし直後の1回裏、オリックスは先頭の大城滉二選手が安打で出塁すると、犠打などで3塁に進みバッテリーミスの間に本塁に生還。すぐさま同点に追い付く。

 オリックスの先発・田嶋大樹投手は初回の失点以降は粘りの投球で本塁を踏ませず、5回3安打1失点の内容で降板。後を受けた中継ぎ陣なんとか0で繋ぎ、援護を待つ。投手陣の好投に応えたいオリックス打線だったが、得点圏に走者を置く場面を作りながらもあと一本が出ない。

 すると8回裏、前日劇的勝利を収めているオリックスがついに均衡を破る。代打・山足達也選手が安打で出塁すると2番・宗佑磨選手も内野安打でこれに続き、1死1、3塁と一打勝ち越しの好機を得る。ここで吉田正尚選手の投手ゴロが野選となり、勝ち越しに成功。さらに四球などで2死満塁とすると、6番・ロドリゲス選手に適時打が生まれて2点を追加。その後、押し出しなどもあり一挙4得点を奪う。

 4点のリードを得たオリックスは、9回表に澤田圭佑投手が清宮幸太郎選手の一発を浴びるも、ディクソン投手がなんとか抑えて試合終了。オリックスが5対3で勝利した。

 勝利したオリックスは先発・田嶋大樹投手が5回3安打3四球1失点で降板し、中継ぎ陣も粘りの投球で0でつないだ。打線は、初回以降好機をものにできなかったが、終盤に見事つながりを見せた。一方の敗れた北海道日本ハムは先発の金子弌大投手が2回1安打1失点、その後も小刻みな継投策を見せるも、6番手の公文克彦投手が4失点と誤算だった。打線も好機であと一本が出ないなど、精彩を欠いた。


  123456789 計
日 100000002 3
オ 10000004X 5

日 金子弌大-村田透-福田俊-井口和朋-玉井大翔-●公文克彦-生田目翼
オ 田嶋大樹-増井浩俊-山田修義-○ヒギンス-澤田圭佑-Sディクソン

文・後藤万結子

関連リンク