千葉ロッテ先発は育成出身外国人のフローレス! 埼玉西武・鈴木将平は連日の活躍なるか

2020-07-11 22:05 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/11 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月12日、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと埼玉西武の第5回戦が14時から行われる。11日の試合では、6対4で千葉ロッテが僅差を制し対戦成績を5分とした。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→2勝2敗
埼玉西武→2勝2敗

【千葉ロッテ】フローレス投手 今季初登板
【埼玉西武】與座海人投手 3試合0勝2敗 17.2回 8奪三振、防御率4.58

 千葉ロッテはフローレス投手がプロ初先発のマウンドに立つ。育成契約から入団1年目で3月末に支配下登録を勝ち取ったフローレス投手は、二軍では3試合に登板し12回を投げ0勝1敗、防御率3.00という成績を残し、初の一軍マウンドでプロ初勝利を目指す。一方の打線は菅野剛士選手に期待したい。11日の試合では先制の2ランを放つなど2安打3打点と監督のスタメン起用に応えた。このままレギュラー定着を目指したい。

 対する埼玉西武の先発は與座海人投手。開幕から3試合に登板しいずれも試合はつくるも、プロ初勝利とはならず。この試合では安定した投球でプロ初勝利を飾れるか。援護したい打線は鈴木将平選手に注目。11日の試合ではプロ初本塁打を記録し、次の打席には適時打を放ち2打点と結果を残した。オフにチームを離れた師匠・秋山翔吾選手(現・レッズ)の後継者として、活躍を見せられるか。

文・丹羽海凪

関連リンク