「王貞治ベースボールミュージアム」リニューアル記念・「王貞治秘蔵品展」が開催! 

2020-07-11 19:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
写真:球団提供

写真:球団提供

 福岡ソフトバンクは10日、「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」内 4 階にオープンする「王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタン D」にて、7月21日(火)~11月30 日(月)期間中、リニューアルオープンを記念して「王貞治秘蔵品展」を開催することを発表した。

 2018年11月、福岡ヤフオクドーム(当時)の改修にともなって一時閉館となった「王貞治ベースボールミュージアム」は、7月21日(火)にオープンする日本初登場の絶景アトラクションや話題のチームラボの施設など、多彩なエンタメコンテンツを楽しむことができる「BOSS E・ZO FUKUOKA」の4階にリニューアルオープンする。

 このリニューアルオープンを記念した「王貞治秘蔵品展」では、王貞治会長にちなんだ数々のアイテムが公開される。普段目にすることができない、現役時代に愛用した野球用具のほか、ダイエー・ソフトバンク監督時代の用具、プライベート品や選手時代から監督時代までを記録したグラフィックパネルなどを含む秘蔵品のうち 50 点相当が出展。貴重な品とともに、王会長の足跡を辿ることができる。

写真:球団提供

写真:球団提供

 球団会長付特別アドバイザー・城島健司氏とともに内覧を行った王貞治会長は「懐かしい、プライベート品もよく残してくれていますね」とコメント。

 そのほかにも体験型アトラクションスペース「89パーク」や王貞治会長の歴史を最新の展示方法で演出した「王貞治ヒストリーゾーン」など、装いも新たに生まれ変わった「王貞治ベースボールミュージアム」。偉大なレジェンドの歴史に触れることができるミュージアムへ、足を運んでみてはいかがだろうか。

 開館時間や入館料といった詳細な情報、そして王会長と城島氏による内覧の様子は球団公式HPへ。

福岡ソフトバンク公式ホームページ:
https://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/00003455.html

文・成田康史