上沢直之は約1年ぶりの白星をつかめるか。千葉ロッテは好調のレアードに期待

2020-07-14 00:01 「パ・リーグ インサイト」編集部
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月14日、札幌ドームで北海道日本ハムと千葉ロッテの第1回戦が18時から行われる。3連敗中、最下位転落と苦戦する北海道日本ハムは本拠地で立て直しを図る。対する千葉ロッテも埼玉西武との6連戦を2勝3敗と負け越し、札幌での6連戦に臨むこととなる。

【昨季対戦成績】
北海道日本ハム→11勝14敗 千葉ロッテ→14勝11敗

【北海道日本ハム】上沢直之投手 1試合0勝0敗 5回 4奪三振、防御率1.80
【千葉ロッテ】美馬学投手 3試合1勝1敗 17.2回 15奪三振、防御率4.08

 北海道日本ハムの先発は上沢直之投手。今季初登板となった6月30日の試合では、5回2安打1失点と粘りの投球を見せたものの、勝敗は付かなかった。打者に的を絞らせない上沢投手らしい投球で、約1年ぶりの白星を手にできるか。一方の打線では西川遥輝選手に期待したい。12日のオリックス戦では4打数2安打1打点の活躍を見せている。1番打者として不調に喘ぐチームの活路を見いだせるか。

 対する千葉ロッテの先発は美馬学投手。前回登板した7月5日の楽天戦では、6回途中9安打5失点(自責点4)と苦しい結果となってしまった。本来の調子を取り戻し、チームの連敗を阻止したいところだ。打線ではレアード選手に注目だ。12日の埼玉西武戦では5打数2安打2打点と勝負強い打撃を見せた。ここぞの場面の活躍で、6連戦初戦の勝利をつかみ、勢いに乗りたい。

文・粟盛優佳

campaign