【ファーム】山崎幹史と村林一輝の連続タイムリーで楽天イーグルスが逆転勝ち

2020-07-17 16:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・村林 勝ち越しとなるタイムリーヒットを放つ!! 2020/7/17 E-S(ファーム)

 7月17日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われたイースタン・リーグ公式戦、楽天イーグルスと東京ヤクルトの第1回戦は、楽天イーグルスが4対3で競り勝った。

 楽天イーグルスは3回裏、先頭・山崎幹史選手の四球、村林一輝選手の犠打などで1死3塁から、山下斐紹選手のゴロを一塁手が本塁へ悪送球。この間に三塁走者が先制のホームを踏んだ。なおも2死2塁のチャンスで和田恋選手がレフト前に落ちるタイムリーを打ち、2点目を挙げる。

 しかし、先発・藤平尚真投手が6回表、三塁打と四球で無死1,3塁のピンチを招き、東京ヤクルト・塩見泰隆選手のタイムリーで1点を返される。なおも2死満塁から長岡秀樹選手の2点タイムリーで逆転を許してしまう。

 粘る楽天イーグルスは8回裏、相手のエラーと代打・石原彪選手の四球、黒川史陽選手の安打などで1死満塁。代打・岩見雅紀選手は粘るも三振に倒れてしまい、2死まで追い込まれたが、ここで山崎幹史選手と村林一輝選手の連続タイムリー。試合終盤で4対3と試合をひっくり返す。1点リードの9回表は釜田佳直投手が抑えて逃げ切った。

 勝利した楽天イーグルスは先発・藤平投手が6回3失点。2番手・津留埼大成投手は1回を奪三振2の3者凡退に抑えてアピールした。

  123456789 計
ヤ 000003000 3
楽 00200002X 4

ヤ 市川悠太-田川賢吾-●坂本光士郎
楽 藤平尚真-津留埼大成-○久保裕也-S釜田佳直

文・菊地綾子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】イーグルスルーキー・津留崎 1回を三者凡退に抑える好投!! 2020/7/17 E-S(ファーム)