ニールが球団外国人選手最長タイの13連勝! 17安打10得点で埼玉西武が大勝

2020-07-17 21:25 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/17 イーグルス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月17日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと埼玉西武の第3回戦は、10対2で埼玉西武が勝利。ニール投手が昨季から継続している連勝記録を「13」に伸ばし、これで埼玉西武の外国人投手としては郭泰源氏に並ぶ、最長タイ記録となった。

 楽天の先発・則本昂大投手は、今季ここまで3勝負けなしと好調だ。しかし2回表、前の試合で通算300二塁打を達成した中村剛也選手に先制適時打を浴びると、続く栗山巧選手、木村文紀選手にも痛打され、3点を先制される。さらに埼玉西武は3回表、4番・山川穂高選手が7号ソロを放つと、中村選手が今日2本目となる適時打で追加点。3回までに5点を奪い、試合の主導権を握った。

 埼玉西武の先発・ニール投手は、3回裏に茂木栄五郎選手の適時打で2点を失うも、以降はランナーを出しながらも要所を締める投球でリードを保ち、6回2失点の好投。7回裏は平良海馬投手が圧巻の10試合連続無安打無失点投球を見せると、8回裏はギャレット投手が無失点。打線は9回表、好調の鈴木将平選手がこの試合3安打目となる適時打を放つなど4点を追加し、10対2と差を広げた。9回裏は宮川哲投手が0で抑え、試合終了。埼玉西武が10対2で勝利を収めた。

 勝利した埼玉西武は、ニール投手が6回5安打5奪三振2失点で今季2勝目。打線も活発で、17安打10得点を挙げ、連敗を「2」で止めた。一方敗れた楽天は、先発の則本投手が5回10安打1奪三振5失点で今季初黒星。なお、ウィーラー選手との交換トレードで加入した池田駿投手が移籍後初登板を果たした。

  123456789 計
西 032000104 10
楽 002000000 2

西 ○ニール-平良海馬-ギャレット-宮川哲
楽 ●則本昂大-酒居知史-辛島航-池田駿

文・岩井惇

関連リンク