【ファーム】和田恋が奥川恭伸から1号2ラン。リリーフ陣が奮闘した楽天が燕に3連勝

2020-07-20 16:51 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・和田恋 今季1号はスワローズのドラ1ルーキー・奥川恭伸から2ランホームラン!! 2020/7/20 E-S(C)パーソル パ・リーグTV

 7月20日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天イーグルスと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第3回戦は、4対3で楽天イーグルスが勝利。東京ヤクルトに3連勝を飾った。

 楽天の先発は、今季途中にトレードで加入した高田萌生投手。1回表、1死から四球を与えると、東京ヤクルトの3番・長岡秀樹選手、4番・塩見泰隆選手の連続適時打、6番・濱田太貴選手には犠飛を許し、3失点。立ち上がりに苦しんだが、続く2回表は3者凡退に抑え、2回3安打1奪三振2四球3失点の内容で降板した。

 一方の打線は初回、東京ヤクルト先発のドラ1ルーキー・奥川恭伸投手を攻め立てる。2番・村林一輝選手が安打を放つと、2死から和田恋選手に1号2ランが生まれ1点差に。続く2回裏には、渡邊佳明選手、石原彪選手が連打で出塁すると、岩見雅紀選手の併殺打の間に得点し、試合を振り出しに戻した。

 楽天は3回表から池田隆英投手が登板。3イニング連続で3者凡退に抑えるパーフェクトピッチングを見せると、6回表から2イニングを池田駿投手が無失点に。8回表を久保裕也投手が3者凡退でつなぐと、打線が8回裏に吉持亮汰選手の安打と2四球で満塁とし、敵失策の間に勝ち越しに成功。1点リードの9回表は津留崎大成投手が登板、1死から塩見選手に安打を浴びたが、5番・藤井亮太選手の併殺に打ち取り、4対3で試合終了。

 勝利した楽天は、リリーフ4投手が計7イニングを投げ、2安打無失点に抑える好投を披露。打線も8安打で4得点を挙げ、接戦を制した。一方敗れた東京ヤクルトは、先発の奥川投手が2.2回5安打3奪三振3失点の内容で降板。後を受けたリリーフ陣は粘りの投球を見せたが、守備の乱れで勝ち越し点を献上した。

  123456789 計
ヤ 300000000 3
楽 21000001X 4

ヤ 奥川恭伸-今野龍太-蔵本治孝-ジュリアス-五十嵐亮太-●鈴木裕太
楽 高田萌生-池田隆英-池田駿-○久保裕也-S津留崎大成

文・東海林諒平

campaign

campaign