数字で占うクライマックスシリーズ ファイナルステージ3戦目の展開

2016-10-14 06:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

10月12日から始まった「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ。初戦は6対0で北海道日本ハムが快勝し、2戦目も北海道日本ハムが勝利を収め、日本シリーズ進出へ王手かと思われた土壇場の9回に福岡ソフトバンクが大逆転。アドバンテージを含めた両者の勝ち数は北海道日本ハムが2勝、福岡ソフトバンクが1勝となった。

ここでは、すでに発表されている14日の両予告先発の成績や、今季の両チームの対戦成績などをもとに、3戦目がどのような試合展開となるのかを数字で占う。

【北海道日本ハム対福岡ソフトバンク 今季のレギュラーシーズンの対戦成績】
・北海道日本ハム
25試合15勝9敗1分 103得点 76失点 打率.247 防御率2.80
・札幌ドーム 対福岡ソフトバンク
9試合 3勝5敗1分 打率.212 防御率3.28

・福岡ソフトバンク
25試合9勝15敗1分 76得点 103失点 打率.236 防御率3.88
・札幌ドーム 対北海道日本ハム戦
9試合 5勝3敗1分 打率.257 防御率3.05

今季のレギュラーシーズンの通算対戦成績は15勝9敗で北海道日本ハムが6つの勝ち越し。ヤフオクドームでの対戦成績は9勝2敗だが、札幌ドームだと3勝5敗と立場が逆転。実際に13日の試合でも最終回に福岡ソフトバンクが試合をひっくり返すなど、ビジターゲームであることを感じさせない試合運びで、大逆転勝利を飾っている。ここまでのファイナルステージでの2戦を見る限り、札幌ドームでの対戦成績の北海道日本ハム3勝、福岡ソフトバンク5勝という数字が実際の試合結果に表れているように思う。

【10月14日 両予告先発の今季の対戦成績】
・北海道日本ハム・有原投手
対福岡ソフトバンク 8試合 4勝3敗 防御率2.80
対福岡ソフトバンク(札幌ドーム) 3試合 0勝2敗 防御率4.30

・福岡ソフトバンク・千賀投手
対北海道日本ハム 5試合 1勝2敗 防御率3.24
対北海道日本ハム(札幌ドーム) 2試合 1勝0敗 防御率2.57


すでに発表されている2戦目の予告先発投手の二人。有原投手は対福岡ソフトバンク戦で4勝3敗、防御率2.80だが、札幌ドームに限定すると0勝2敗、防御率4.30と今年は未勝利。その点がどう出るかが気になるところだ。

一方の千賀投手は今季の北海道日本ハム戦で1勝2敗、防御率3.24。札幌ドームでは1勝0敗、防御率2.57という成績を挙げており、慣れないマウンドも苦にしていない。直前登板となったファーストステージ初戦の千葉ロッテとの対戦では7回2失点の好投を見せており、仕上がりの面でも問題ないだろう。

【対千賀投手のキーマン】
大野選手 12打数4安打1本塁打3打点 打率.333
西川選手 13打数4安打1打点 打率.308

【対有原投手のキーマン】
中村晃選手 20打数8安打1本塁打3打点 打率.400
吉村選手 11打数4安打1本塁打4打点 打率.364

対千賀投手のキーマンとしては大野選手と西川選手が中心となる。1番打者としての起用が予想される西川選手は、初戦と2戦目はともに3出塁の活躍を見せた。3戦目の千賀投手との対戦でも、上記の数字通りの相性の良さで好機を演出できるか。

また、ファイナルステージの2戦でいずれもマスクを被った大野選手は、千賀投手から1本塁打3打点とこちらも好相性。大野選手が中心となり、上位打線に少しでも良い形でまわせるかがポイントとなるだろう。

一方の福岡ソフトバンクは中村晃選手と吉村選手が有原投手との対戦で良い成績を残す。中村晃選手は打率4割、1本塁打3打点とシーズンを通して有原投手を苦しませた。1番打者として、復調気配の柳田選手、内川選手に良い形でつなぎたい。

吉村選手も同様に有原投手を得意とし、今季は良い成績を残した。初戦は代打で登場したが、見逃し三振に倒れた吉村選手。得意の有原投手を打ち崩し、チームの勝利に貢献できるか。

14日の試合で北海道日本ハムが勝てば3勝1敗で4年ぶりの日本シリーズ進出に王手。対する福岡ソフトバンクが勝つということになれば2勝2敗の五分。9年のうち8度、首位チームが勝ち進んでいるデータがあるとはいえ、いよいよどちらが勝ち上がるか全く分からないという状況になる。