中田翔が2本塁打でリーグトップの12号に! 上沢直之も7回1失点の好投で今季初勝利

2020-07-28 21:05 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/28 ファイターズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月28日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムとオリックスの第7回戦は、5対1で北海道日本ハムが勝利。主砲の一発で試合を決め、オリックスとのカード初戦を制し、最下位を脱出した。

 北海道日本ハム打線は3回裏、オリックスの先発・アルバース投手から3番・近藤健介選手が四球を選び1死1塁としたところで、4番・中田翔選手が11号2ランを放ち2点を先制する。

 援護を受けた先発・上沢直之投手は4回表に4番・ジョーンズ選手の適時打など連打を浴びて1点を失うも、粘り強い投球でリードを守る。6回表にはライトを務める大田泰示選手の好返球が生まれるなど野手陣の好プレーも光り、上沢投手は7回7安打2四球4奪三振1失点でマウンドを降りた。

 7回裏には2死1、2塁の場面で中田選手に本日2本目となる12号3ランが飛び出し、3点を追加。中田選手は今季12本目の本塁打でリーグトップに躍り出た。

 4点のリードを奪った北海道日本ハムは8回から継投策へ。8回表を宮西尚生投手が無失点でつなぐと、9回表は秋吉亮選手が登板し、オリックス打線を難なく抑え試合終了。北海道日本ハムが5対1で勝利した。

 北海道日本ハムは先発・上沢投手が7回1失点の好投で今季初勝利を手にした。打っては主砲・中田選手が2本塁打で5打点を荒稼ぎ。リーグ単独トップの12本塁打をマークした。一方のオリックスは先発・アルバース投手が6回まで2失点も、打線が援護できず。7回に決定的な一発を浴びて敗戦となった。

  123456789 計
オ 000100000 1
日 00200030X 5

オ ●アルバース-荒西祐大-吉田凌
日 ○上沢直之-宮西尚生-秋吉亮

文・丹羽海凪

関連リンク