中村晃が4安打5打点の大暴れ! 柳田悠岐も1000安打到達など9得点で鷹が快勝

2020-07-28 21:24 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/28 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月28日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第7回戦は、9対4で福岡ソフトバンクが勝利。3番を務めた柳田悠岐選手がプロ10年目で通算1000安打を達成した。

 先発・千賀滉大投手は2回表、埼玉西武の8番・スパンジェンバーグ選手の適時二塁打などで2点を失うと、続く3回表にも山川穂高選手に11号2ランを許し4失点。しかしその後は持ち味を取り戻し、4回以降を無安打に抑え、6回5安打3四球11奪三振4失点でマウンドを後続に託した。

 打線は2回裏、8番・松田宣浩選手の適時打で1点を返す。さらに3回裏には柳田悠岐選手の記念すべき通算1000安打などで1死1、3塁とすると、4番・中村晃選手、5番・栗原陵矢選手に連続適時打が生まれ、4連打で3対4と1点差に詰め寄った。

 すると5回裏、柳田選手が二塁打で出塁すると、中村晃選手の適時打で同点に。この回は同点にとどまるも、続く6回裏に2死満塁のチャンスをつかむと、中村晃選手が走者一掃の適時二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。試合をひっくり返した。

 その後も6番・バレンティン選手、2番・今宮健太選手のソロホームランで2点を追加した福岡ソフトバンク。7回以降は高橋礼投手、モイネロ投手、椎野新投手が無失点でつなぎ、9対4で試合終了。福岡ソフトバンクがカード初戦を制した。

 福岡ソフトバンクは4番を務めた中村晃選手が4安打5打点の大活躍。柳田選手も3回裏に1000安打を達成すると、そのまま3安打をマークした。先発した千賀投手は6回4失点で今季3勝目を挙げている。一方の埼玉西武は、序盤に千賀投手を攻略し4得点も、その後は打線が沈黙。先発・今井達也投手も踏ん張れずに同点とされると、6回裏に送った平井克典投手がまさかの3失点を喫し、敗戦した。

  123456789 計
西 022000000 4
ソ 01201311X 9

西 今井達也-小川龍也-●平井克典-田村伊知郎-佐野泰雄
ソ ○千賀滉大-高橋礼-モイネロ-椎野新

文・丹羽海凪

関連リンク