北海道日本ハムは杉浦稔大が3勝目を狙う。オリックスは俊足・佐野皓大に注目

2020-07-29 23:03 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/29 ファイターズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月30日、札幌ドームで北海道日本ハムとオリックスの第9回戦が18時から行われる。29日は終盤に勝ち越した北海道日本ハムが6対2で勝利を収めた。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→3勝4敗1分
オリックス→4勝3敗1分

【北海道日本ハム】杉浦稔大投手 4試合2勝1敗 20.1回 19奪三振、防御率2.66
【オリックス】山崎福也投手 4試合1勝0敗 21.1回 11奪三振、防御率3.80

 北海道日本ハムの先発は杉浦稔大投手。前回登板の福岡ソフトバンク戦では6回5安打1失点の好投で今季2勝目を挙げている。オリックスに対しては7日の対戦でロドリゲス選手、ジョーンズ選手に打たれ5回途中3失点。この登板では両外国人を抑えられるか。打線は杉谷拳士選手に注目。前試合で1番に抜てきされ、4出塁と役割を果たした。チームの浮上へ、打撃での貢献に期待したい。

 対するオリックスは山崎福也投手が先発。前回登板の楽天戦は7回途中2失点も、チームは引き分け勝利ならず。この試合でも試合を作り、チームの勝利に貢献したい。打線は前試合で2安打を記録した佐野皓大選手に注目したい。今季は終盤の代走機会が多いものの、快速を飛ばして7盗塁をマーク。打撃の確度を上げ、レギュラーをつかめるか。

文・丹羽海凪

関連リンク