千葉ロッテ・岩下大輝、楽天・弓削隼人による投げ合い。両軍の大砲に要注目

2020-07-29 23:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/29 マリーンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月30日、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと楽天イーグルスの第9回戦が18時から行われる。29日の試合は5対1で楽天イーグルスが勝利を収めた。両軍1勝1敗で迎えるカード3戦目は、好投を続けている両先発に注目。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→2勝6敗
楽天イーグルス→6勝2敗

【千葉ロッテ】岩下大輝投手 4試合3勝1敗 21.2回 17奪三振、防御率2.91
【楽天イーグルス】弓削隼人投手 5試合2勝1敗 29回 21奪三振、防御率2.79

 千葉ロッテ先発は、リーグ2位タイの3勝をあげている岩下大輝投手。前回登板した23日の埼玉西武戦では、2回までに3失点。以降は6回まで追加点を許さず、クオリティスタートを達成したが、今季初黒星を喫した。前々回登板にあたる16日の北海道日本ハム戦でも初回に失点を許しているため、立ち上がりに注意したい。一方、楽天先発の弓削隼人投手は、前回登板した23日のオリックス戦で、7.1回2失点の好投を見せている。直近の3登板で勝ち星から遠ざかっているだけに、白星をあげたいところ。

 千葉ロッテ打線は井上晴哉選手に注目だ。このカード1戦目は3本塁打でチームのサヨナラ勝利に貢献するも、29日の試合は快投を続ける楽天・涌井秀章投手を打ち崩せず、得点圏に走者を置いた場面で凡退を喫した。この悔しさをバネにチームを勢いづける一発を放ちたい。

 一方楽天はロメロ選手のバットが止まらない。29日の試合では、2打席目に9号ソロを放つと、2打席目にはあわや本塁打かというような大きな当たりで3塁を陥れ、犠飛の際にはヘッドスライディングで本塁へ帰還するなど気合も十分。好調ロメロ選手の3戦連続本塁打に期待しよう。

文・北嶋楓香

関連リンク