森友哉が2本塁打の大活躍! 與座海人が5回無失点の好投で埼玉西武が連敗を止める

2020-07-30 21:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/30 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月30日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第9回戦は、6対0で埼玉西武が勝利し、連敗止めた。

 福岡ソフトバンクはプロ初先発となる板東湧梧投手がマウンドへ。初回、2番・森友哉選手に二塁打を浴びると、3番・山川穂高選手に適時打を許し、1点を献上。2回表には7番・スパンジェンバーグ選手に4号ソロ、3回表には森選手に3号ソロ、5回表にも森選手に4号2ランを許し、4回途中7安打3本塁打2四球4奪三振5失点の内容で降板した。

 援護を受けた埼玉西武先発の與座海人投手は、走者を背負いながらも落ち着いた投球で得点を許さず、5回4安打3奪三振無失点の内容で降板。打線は攻撃の手を緩めずに、6回表には9番・源田壮亮選手の適時打でスコアを6対0とした。

 リードする埼玉西武は6回裏から継投へ。2イニングを佐野泰雄投手、8回裏を平井克典投手が無失点でつなぐと、最終回は森脇亮介投手が福岡ソフトバンク打線を3者凡退に抑え、6対0で試合終了。勝利した埼玉西武は、先発の與座海人投手が5回4安打1四球3奪三振無失点の好投を披露すると、打っては森友哉選手が3安打2本塁打3打点の大暴れ。中継ぎ陣も福岡ソフトバンク打線を寄せ付けない投球を見せた。

 一方の敗れた福岡ソフトバンクは、プロ初先発の板東湧梧投手が4回途中5失点と課題が残る内容に。打線も振るわず、無得点に終わった。

  123456789 計
西 111021000 6
ソ 000000000 0

西 ○與座海人-佐野泰雄-平井克典-森脇亮介
ソ ●板東湧梧-泉圭輔-川原弘之-笠谷俊介-津森宥紀

文・高橋優奈

関連リンク