田村龍弘が勝ち越しの2点タイムリー。石川歩は6回2失点で今季初勝利をマーク

2020-07-31 21:42 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/31 マリーンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月31日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天イーグルスの第10回戦は、5対4で千葉ロッテが勝利。僅差のゲームを制し、カード戦績を2勝2敗の五分に戻した。

 千葉ロッテの先発は石川歩投手。3回表に辰己涼介選手の3号ソロ、茂木栄五郎選手の適時二塁打で2点を献上したが、それ以外は得点を許さず。毎回走者を背負いながらも落ち着いた投球を見せ、6回8安打2四球2失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の打線は2回裏、4番・安田尚憲選手が安打で出塁すると、2死1、2塁の場面で田村龍弘選手に適時打が生まれ、1点を先制。以降3イニングは得点を挙げられずにいたが、6回裏に打線がつながった。

 2四死球と安田選手の安打で好機を演出し、井上晴哉選手の犠飛で同点に。なおも中村奨吾選手が安打、レアード選手が四球で続き満塁とすると、田村選手に2点適時二塁打が生まれ、楽天の先発・則本昂大投手のノックアウト。代わった辛島航投手からも藤岡裕大選手の適時打で1点を追加してこの回一挙4得点。5対2と試合をひっくり返した。

 リードする千葉ロッテは、7回表を松永昂大投手が無失点でつなぐと、8回表はハーマン投手が内田靖人選手に4号2ランを浴びながらも、リードは渡さず。1点リードで迎えた9回表は、守護神・益田直也投手が3者凡退で締め、5対4で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の石川投手が6回2失点の内容で待望の今季初勝利をマーク。最終回に登板した益田投手は両リーグ最速で10セーブに到達した。打線では安田選手が3安打、田村選手が2安打3打点の活躍を見せた。

 一方敗れた楽天は、先発した則本昂投手が5.2回打者26人に対し126球、6安打4四死球5失点で3敗目。打線では1番・小深田大翔選手、2番・鈴木大地選手、3番・茂木選手がマルチ安打と、上位打線が機能したが、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
楽 002000020 4
ロ 01000400X 5

楽 ●則本昂大-辛島航-安樂智大-宋家豪
ロ ○石川歩-松永昂大-ハーマン-S益田直也

文・東海林諒平

関連リンク