明石健志の勝ち越し弾で鷹が接戦を制す。柳田悠岐はプロ野球月間記録最多タイの32得点をマーク

2020-07-31 20:53 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/31 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 7月31日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第10回戦は、5対4で福岡ソフトバンクが勝利。カード戦績を3勝1敗とした。

 埼玉西武は3回表、福岡ソフトバンクの先発・東浜巨投手を攻め立てる。3番・山川穂高選手の12号ソロで先制すると、続く4番・外崎修汰選手が安打で出塁。すると、5番・中村剛也選手が5号2ランを放ち、この回3点を奪う。

 しかし3回裏、福岡ソフトバンク打線が埼玉西武の先発・ニール投手に牙をむく。9番・甲斐拓也選手、1番・周東佑京選手の連打などで1死1、2塁とすると、続く2番・今宮健太選手の適時三塁打で2点を返す。さらに2死2、3塁から4番・中村晃選手が同点打を放つと、5番・栗原陵矢選手の適時打で逆転に成功。なお、この回四球で出塁した柳田悠岐選手が1得点を記録し、プロ野球月間記録の32得点に並んだ。

 東浜投手が6回途中3失点で降板した直後、7番・スパンジェンバーグ選手が福岡ソフトバンクの2番手・嘉弥真新也投手から同点の5号ソロを放ち、スコアは4対4に。ところが6回裏、7番・明石健志選手の一発で、再び福岡ソフトバンクが1点をリードする。

 福岡ソフトバンクは7回表を高橋礼投手、8回表をモイネロ投手がそれぞれ無失点でつなぐと、9回表は守護神・森唯斗投手が3者凡退に打ち取り、5対4で試合終了。勝利した福岡ソフトバンクは、明石健志選手が勝ち越し弾を放ち、勝負強さを発揮。リリーフ陣も無失点リレーを見せた。一方、敗れた埼玉西武は、スパンジェンバーグ選手の2試合連続弾が生まれるも、先発のニール投手が6回5失点と振るわず、自身の連勝は「13」で止まった。

  123456789 計
西 003001000 4
ソ 00400100X 5

西 ●ニール-宮川哲-平良海馬-中継ぎ
ソ 東浜巨-○嘉弥真新也-高橋礼-モイネロ-S森唯斗

文・高橋優奈

関連リンク