鷹・柳田、月間得点のプロ野球タイ記録 3回に栗原の適時打で生還し7月32得点目

2020-07-31 19:07 「Full-Count」福谷佑介
栗原の適時打で7月で32得点目となるホームを踏む福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

栗原の適時打で7月で32得点目となるホームを踏む福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

1964年5月の南海・広瀬叔功氏、2013年の巨人・村田修一氏に並ぶ

■福岡ソフトバンク – 埼玉西武(31日・PayPayドーム)

 福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手が月間得点のプロ野球記録に並んだ。31日に本拠地PayPayドームで行われた埼玉西武戦。3回に栗原の適時打で4点目のホームを踏み、月間32得点のプロ野球タイ記録とした。

 初回の第1打席では四球を選び、出塁していた柳田。3回の第2打席では埼玉西武先発のニールから再び四球を選び出塁。盗塁、中村晃の右前適時打で三塁に進むと、栗原の適時打で生還した。柳田はこの得点で7月は32得点目。1964年5月の南海・広瀬叔功氏、2013年の巨人・村田修一氏に並ぶ歴代最多記録となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)