千葉ロッテ・中村稔弥は楽天打線を抑えられるか。楽天は福井優也が今季初先発

2020-08-01 21:26 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/1 マリーンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月2日、ZOZOマリンで千葉ロッテと楽天イーグルスの第12回戦が17時から行われる。1日の試合は8対0で楽天イーグルスが勝利している。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→3勝8敗
楽天イーグルス→8勝3敗

【千葉ロッテ】中村稔弥投手 4試合0勝0敗 12.2回 10奪三振、防御率4.97
【楽天イーグルス】福井優也投手 今季初登板

 千葉ロッテは中村稔弥投手が先発する。今季初先発となった7月26日の埼玉西武戦では、5回1失点と試合をつくった。楽天に対しては6月30日に中継ぎ登板で2.2回を投げ2本塁打と苦しいマウンドとなったが、この試合では抑えられるか。打線は福田秀平選手に注目。けがから復帰後、スタメン出場を重ねるも打率1割台と打撃に苦しんでいる。1番に起用される場面も多いだけに、調子を取り戻して期待に応えたい。

 対する楽天は福井優也投手が今季初の先発マウンドへ。二軍では7月21日の東京ヤクルト戦に先発し、5回2安打1失点と好投を見せている。今季はプロ10年目。経験を生かした投球で試合をつくり、勝利を飾れるか。打線は前試合で満塁弾を記録した内田靖人選手に注目。今季はここまで11安打のうち6本が長打と、その打撃の可能性をうかがわせる。出場機会獲得へ、アピールを重ねたい。

文・丹羽海凪

関連リンク