TOHOKU PRIDEを見せる!楽天が大攻勢で先制

2018-04-15 13:26 「パ・リーグ インサイト」編集部

4月15日、楽天生命パークで行われている楽天と埼玉西武の一戦。1回裏、楽天打線が埼玉西武の先発・ウルフ投手を攻め立てて8点を先制した。

まず1死から打席に入った2番・茂木選手が初球を左前に落として出塁すると、3番・ペゲーロ選手が外角球を巧みに流し打つ二塁打で続き、4番・ウィーラー選手が死球を受ける。1死満塁の好機となり、ここで埼玉西武・ウルフ投手の暴投でまず1点を先制。

そして1死2,3塁から、5番・銀次選手が中前に2点適時打を運んで追加点。6番・藤田選手も敵失で出塁し、7番・アマダ―選手が適時打を放ってなおも1死1,3塁の場面で、8番・岡島選手が駄目押しの3ラン。打者一巡の猛攻で、初回から大量リードを奪った。

なお、ウルフ投手は1死しか取れず降板し、現在は小石投手がマウンドに上がっているが、楽天がさらに1点を追加してスコアは8対0となった。